夜勤専従の仕事の内容の実態|看護ラボ kango-labo.com

MENU

夜勤専従看護師の仕事の内容

夜勤専従看護師の勤務体制

看護師の勤務体制には2交代制と3交代制がありますが、夜勤専従看護師を置いている病院や介護施設は、基本的に2交代制となります。

 

そのため、夜勤専従として働こうと思ったら、16時間勤務などの長時間勤務になることがほとんどになります。

 

夜勤専従看護師の仕事内容

夜勤専従看護師の仕事内容は、基本的に普通の夜勤中の仕事と変わりません。夜勤専従看護師の仕事中のタイムスケジュールの一例をご紹介します。

 

<夜勤専従看護師のタイムスケジュール>
16時30分 勤務開始、情報収集
16時45分 申し送り
17時00分 バイタルサインのチェック
17時30分 食前薬の配薬、経管栄養の投与
18時00分 夕食配膳と食事介助
18時30分 食後薬の配薬、口腔ケア
19時00分 抗生剤等の点滴投与
20時30分 眠前薬の投与
21時00分 消灯、食事休憩
23時00分 巡回、看護記録の記入
1時00分 巡回、翌日の入院、手術等の準備
3時00分 巡回
5時00分 巡回、食事休憩
6時00分 起床、水分出納チェック
6時30分 採血等の検体採取、抗生剤等の点滴投与

7時00分 バイタルサインのチェック
7時30分 食前役の配薬、経管栄養の投与
8時00分 朝食配膳と食事介助
8時30分 食後薬の配薬、口腔ケア、看護記録の記入
8時45分 申し送り
9時00分 勤務終了

 

このタイムスケジュール中に、ナースコール対応や排せつ介助、体位交換、オムツ交換、急変等に対応しなくてはいけません。また、救急外来がある病院の場合、夜間の緊急入院にも対応する必要があります。

 

また、深夜には交代で2時間程度の仮眠を取ることになります。

 

夜勤専従看護師は雑用が少ない

夜勤専従看護師は、日勤のみもしくは日勤+夜勤で働く看護師よりも、雑用は少なくて済むというメリットがあります。

 

非常勤や単発の夜勤専従の場合はもちろんですが、常勤の夜勤専従看護師でも委員会や係の仕事は免除されることがほとんどです

 

委員会や係のミーティングは、日勤中や日勤終了後に行われることがほとんどですので、夜勤専従だとミーティングに参加できないからですね。

 

さらに、夜間に緊急入院があった場合以外は、看護計画の立案や見直し、評価などもしなくてOKです。

 

また、非常勤や単発の夜勤専従は、夜勤中に行うべき物品チェックや翌日の入院準備などの雑用は常勤看護師が行うことが多いので、ただ自分が行うべき仕事をすれば良い場合も多いんです。

 

そのため、夜勤専従看護師は、日勤のみもしくは日勤+夜勤で働く看護師よりも雑用が少なく、気楽に働くことができるというメリットがあるんです。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>