日勤だけの看護師の仕事のメリットとデメリット|看護ラボ kango-labo.com

MENU

日勤だけの仕事のメリットとデメリット

日勤だけの仕事のメリット

看護師の仕事は、日勤と夜勤が混合されたシフトが多いイメージですが、日勤帯だけ働くことも可能です。クリニックや介護施設では日勤だけの場合が多いですし、入院施設のある病院でも日勤専従として働くことも可能です。では日勤だけ働く場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

まず、日勤だけの仕事のメリットは、なんといっても夜勤の仕事がないということでしょう。日勤と夜勤が組み合わされた勤務シフトだと、どうしても生活リズムがグチャグチャになってしまい、体調を崩す場合あります。体調を崩すまでいかなくても、不規則な生活により肌荒れなどに悩む人も多いんです。その点、日勤だけの仕事の場合、規則正しい生活を送ることができるので、生活リズムが整い、より健康的な生活を送ることができます。

 

また、既婚者の看護師にも日勤だけの仕事はおすすめです。既婚者は、家庭を持ち場合によっては子育て中のの方もいるでしょうから、夜勤のシフトに入るのは家族の協力が必要不可欠になってきます。家族が全面的に協力してくれても、家庭や育児と夜勤の仕事を両立させるのは難しいこともあるでしょう。でも、日勤だけの仕事なら、普通の会社員の共働き家庭と同じなので、家庭や育児と仕事を両立させやすくなります。

 

日勤だけの仕事のデメリット

次に、日勤だけの仕事のデメリットを考えてみましょう。まず、日勤だけだとお給料が下がるということがあります。2交代制の勤務体制の場合、夜勤に入ると1回つき1万円前後の夜勤手当がつきますが、日勤だけだとその夜勤手当がつきません。その分、日勤と夜勤の混合シフトをこなす看護師よりもお給料は低くなってしまいます。看護師の基本給はあまり高くありませんので、夜勤手当がないとかなりお給料が減ってしまったと感じると思います。

 

さらに、今まで日勤と夜勤の混合シフトで働いていた方にとっては、日勤だけの仕事のほうが体力的にきついと感じることが多いようです。夜勤に入る日は遅くまで寝ていられますし、夜勤明けの日はほぼ一日自由に使えたりします。その点日勤だけの仕事の場合、休みの日以外は毎朝早起きしなければならず、規則正しい生活がきつく感じることがあるでしょう。

 

そして日勤だけの仕事は、これから看護師として経験とキャリアを積んでいきたいという方にはおすすめできません。夜勤に入らないと経験できないこともたくさんあります。一人前の看護師を目指している人は、ある程度経験を積むまで日勤と夜勤の両方に入った方が良いでしょう。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>

日勤だけの看護師の仕事のメリットとデメリット関連ページ

看護師が日勤だけの転職先を選ぶ時のポイント
日勤だけの看護師の給料と年収アップの秘訣