夜勤専従の待遇と実態、健康管理、年収・給料|看護ラボ kango-labo.com

夜勤専従の待遇と実態、健康管理、年収・給料記事一覧

夜勤専従の人気の秘密-高給与と生活スタイル

高まる夜勤専従看護師の需要夜勤専従という働き方は、近年需要が高まっています。なぜなら、夜勤の72時間ルールがあるからです。診療報酬上、看護師は1人あたりの夜勤時間を72時間以内にしないと病院の報酬が減ってしまうので、病院としては看護師の夜勤回数を抑えなければいけません。でも、1人あたりの看護師の夜勤回数を減らすためには、看護師の人数を増やす必要があります。そうすると、人件費がかさみますし、この看護師不足の中では必要な看護師数を確保できないという問題に直面するんです。この問題を解決するのが夜勤専従の看護師です。夜勤専従の看護師は72時間ルールの適用外になります。しかも、2012年の診療報酬の改定...
続きはコチラ

夜勤専従の仕事の内容の実態

夜勤専従看護師の勤務体制看護師の勤務体制には2交代制と3交代制がありますが、夜勤専従看護師を置いている病院や介護施設は、基本的に2交代制となります。そのため、夜勤専従として働こうと思ったら、16時間勤務などの長時間勤務になることがほとんどになります。夜勤専従看護師の仕事内容夜勤専従看護師の仕事内容は、基本的に普通の夜勤中の仕事と変わりません。夜勤専従看護師の仕事中のタイムスケジュールの一例をご紹介します。<夜勤専従看護師のタイムスケジュール>16時30分 勤務開始、情報収集16時45分 申し送り17時00分 バイタルサインのチェック17時30分 食前薬の配薬、経管栄養の投与18時00分 夕食配...
続きはコチラ

夜勤専従の「常勤&非常勤」の違い

夜勤専従看護師の2つの働き方夜勤専従として働こうと思った場合、2つの働き方を選択することになります。1つは常勤、もう1つが非常勤ですね。「常勤でも夜勤専従があるの?」と思うかもしれませんが、常勤の夜勤専従の求人はあります。常勤の看護師の中で、1か月ごとに交代で「1ヶ月限定の夜勤専従」を作る病院もありますが、常勤の夜勤専従看護師を雇用する病院もあるんです。非常勤の夜勤専従場合は、単発の夜勤専従の求人もありますし、「月○回夜勤に入る」という契約でのアルバイトの夜勤専従の求人もあります。常勤でも非常勤でも夜勤専従の仕事内容はほとんど変わりませんが、それぞれのメリットとデメリットを知っておき、あなたに...
続きはコチラ

夜勤専従の看護師の健康管理

夜勤についてよく受ける質問よく聞かれることなのですが、「夜勤ばかりだと体調を壊さないか?」ということです。確かに、生活のパターンが「昼夜逆転」になるため、夜勤のときは体内リズムに多少なりとも影響を与えます。そして、夜勤のときは「いつ睡眠をとるの?」という質問もよくある質問のうちのひとつです。「夜勤ばかりだと体調を壊さないか?」夜勤だからといって体調を壊す…ということはありません。ただ、生活のパターンがつかめるまでの間は、十分に疲労回復できない場合があります。夜勤専従の看護師の方は自分なりの生活のパターンを持っていることが多いようです。「いつ睡眠をとるの?」 疲労回復のために欠かせない内容です。...
続きはコチラ

夜勤専従の看護師の給与と給与アップのコツ

夜勤専従の看護師の給料夜勤専従の看護師は高給与です。常勤なら基本給に加えて夜勤手当がたっぷりつきますし、非常勤なら1回3万円が夜勤専従の給料の相場となります。常勤の夜勤専従看護師の一例ケース1=臨床経験15年(神奈川県)基本給:24万9,700円職務手当:1万1,000円調整手当:2万6,220円地域手当:3,750円夜勤手当:9万2,268円夜勤専門手当:3万円-----------------------月収:41万2,000円程度ボーナス:120万円-----------------------年収:614万4,000円ケース2=臨床経験1年(大阪府)基本給:19万円資格手当:3万円夜勤...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る