ブランクありの看護師の給料と年収アップの秘訣|看護ラボ kango-labo.com

ブランクありの看護師の給料アップの秘訣

看護師不足と潜在看護師

元々看護師不足と言われていましたが、2006年に7対1入院基本料が導入されてから、どの病院もさらに看護師不足に悩むようになり、看護師の確保に重点を置くようになっています。そこで注目されているのが、潜在看護師です。

 

潜在看護師とは、看護師免許を持っているけれど、看護師として働いていない人達のことです。体調不良や結婚、出産を機に一度離職している人達ですね。現在、この潜在看護師は55万人もいると言われていて、看護師不足という問題を解決するために、この潜在看護師を復職させようとしている病院も多いんです。

 

もう一度看護師として働いてみようと思い立ったのは良いですが、心配なのはブランクがあっても雇用してもらえるのか、お給料はどのくらいなのかということですよね。雇用に関しては、先ほど述べたようにどの病院も看護師不足ですし、復職支援制度が整っている病院も増えてきていますので、ブランクがあってもやる気と熱意さえあれば、復職することは可能です。

 

ブランクのある看護師の復職後の給料と給料アップ

お給料に関してですが、これはブランクの期間やブランク前の経験年数、復職する医療施設や地域によって、かなり差が出てきてしまいますので、一概には言えません。でも、ほとんどの場合、ブランク前にもらっていたお給料よりは下がってしまうことが多いようです。看護技術は使わないと質が低下してしまいますし、看護知識も忘れてしまっているものもたくさんあるはずです。看護師は3年のブランクがあると、一から勉強し直さなければならない職業と言われています。ブランクがあることにより、以前よりも看護師としてのスキルは落ちているわけですから、ブランク前よりお給料が下がってしまうのは仕方のないことだと思います。

 

では、ブランクのある看護師さんがお給料アップを狙うにはどうしたら良いのでしょう。一番のおすすめは、看護師の転職支援サイトを利用することです。ブランクOK求人の中から、お給料の良いものを無料で紹介してくれますよ。また復職支援プログラムが充実している病院や常勤か非常勤かの雇用形態を選ぶことができる職場など、具体的な希望を伝えておくと、自分の希望に合った所をピックアップしてもらえるでしょう。

 

また、転職支援サイトの中には復職支援セミナーを開催しているところもあります。採血や点滴のルート確保、心肺蘇生法などの看護技術や感染管理などの看護知識など復職するのに必要なことを教えてくれますので、このようなセミナーに参加しておくと、自信を持って復職できるでしょう。転職支援サポートを利用して、お給料の良い職場への復職し、再び看護師として働いてみませんか?

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

【看護ラボ kango-labo.com】 トップページへ


このページの先頭へ戻る