特別養護老人ホームの特徴と看護師の具体的な仕事|看護ラボ kango-labo.com

MENU

意外と知らない特別養護老人ホームのこと

特別養護老人ホームって?

特別養護老人ホームというと、高齢者のための「介護施設」であることは知っていても、具体的にどんな人が対象で、どんな施設なのかは知らない人も多いと思います。

 

まず特別養護老人ホームとは、具体的にどのような介護施設なのかをご説明します。特別養護老人ホームは、介護保険施設のひとつであり、身体上または精神上著しい障害を持っていて、要介護度1〜5と判定された人が利用できる施設です。地方自治体や社会福祉法人が主に運営しています。

 

特別養護老人ホームでは、食事や排泄、入浴などの日常生活援助を受けることができます。有料タイプの老人ホームよりも低料金で利用できるため、入所希望者が多いのですが、申し込みをしてから実際に入居するまで何年も待たなくてはいけない場合が多いのが実情です。

 

特別養護老人ホームの利用の仕方色々

さて、「特別養護老人ホームを利用する」というと、そこに入所して生活し、終身利用するというイメージがあると思います。確かに特別養護老人ホームに入所して、そこを生活の場にするという利用方法もありますが、それだけではありません。入所して終身利用するほかに、日中施設を訪れて日常生活援助を行う「デイサービス」や短期間だけ入所する「ショートステイ」など在宅介護支援を行っているところも多いんです。

 

在宅介護だと介護をする家族に大きな負担がかかり、共倒れになってしまう場合も多いのですが、デイサービスやショートステイを利用することで、在宅介護の負担をかなり軽減することができるので、利用する価値がとても大きなサービスになっています。

 

特別養護老人ホームと看護師

ここまで特別養護老人ホームについてご説明してきました。特別養護老人ホームは介護施設ですが、看護師が活躍できる場でもあるんですよ。利用者の方は、介護が必要な高齢者のためちょっとしたことで体調を崩しやすいので、利用者の方たちの健康管理はとても重要です。その健康管理を看護師が行っているのです。

 

では、特別養護老人ホームで看護師が行う仕事はどういうものでしょう。バイタルチェックや薬の管理・配薬、経管栄養の準備と注入、褥創や皮膚トラブルの処置、利用者の急変時の対応などがあります。特に急変時の対応は、病院と違い医師が24時間常駐しているわけではないので、状況と緊急度を自分で判断して嘱託医に連絡し、指示を仰がなくてはならないので、慣れないうちはたいへんかもしれません。

 

ですが、病院と違って基本的には治療の必要ない方を対象としているので、病院で働くよりもゆったりとした雰囲気ですし、利用者の方一人ひとりと向き合った看護ができるのが特別養護老人ホームの特徴です。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

【看護ラボ kango-labo.com】 トップページへ