ブランクがある看護師の再就職|看護ラボ kango-labo.com

ブランクがある看護師の再就職記事一覧

ブランク看護師の再就職は可能か?復帰への大事な心得3つ

1.ブランクがある看護師の再就職への3つの不安看護師として働いていたけれど、何らかの理由で退職して、そのまま看護師として働いていない看護師のことを潜在看護師と言います。厚生労働省が平成22年末に推計したデータでは、潜在看護師は約71万人もいるとされています。(厚生労働省「看護職員の現状と推移」 PDF)こうした潜在看護師の中には再び看護師として働きたい、復帰したいという希望を持つ方もたくさんいますし、また社会からの要請も大きいです。しかし、一度長いブランクが空いてしまった看護師は、再就職したくても不安があって、なかなか踏み出せない人も多いようです。ブランクがある看護師さんは、「看護スキルについ...
続きはコチラ

ブランクがある看護師の復職で注意したいポイント

ブランクのある看護師の不安急性期病棟の第一線でバリバリ働いていた看護師さんも、結婚や出産を機に一度退職する人も多いでしょう。看護師の仕事と家庭や育児を両立させていくのは、家族の協力を得られたとしても難しいものです。一度退職して看護の仕事から離れていたけれど、子供が大きくなって、子育ても一段落して、生活にも余裕が出てきたので、また看護師として働きたいと考えた時に、不安要素になるものが「ブランク」です。現場を離れていれば、働いている時に培った看護技術の腕は落ちているでしょうし、知識も忘れてしまっていることも多くあるはずです。また、医療は常に進歩していますので、新しいことを覚えていかなくてはいけない...
続きはコチラ

ブランクのある看護師の復職先の求人の探し方・選び方

ブランクのある看護師の不安と希望結婚や出産、体調不良などで一度退職した方が、もう一度看護師として働く場合、ブランクがあることに不安を持つ方が多いと思います。確かに、看護技術は使わないとどんどん落ちていってしまいますし、看護知識も忘れてしまっているものが多いでしょう。「退職前までは普通にできたことでも、復職後にできなくなっているかもしれない」、「看護師の仕事は重労働なので、体力がついていくのか」など不安でいっぱいになると思います。しかも、看護師は3年のブランクがあると、一から勉強し直さなければいけないと言われている職業です。これらのことから、ブランクがある看護師さんは復職に不安を覚え、二の足を踏...
続きはコチラ

ブランクありの看護師の給料と年収アップの秘訣

看護師不足と潜在看護師元々看護師不足と言われていましたが、2006年に7対1入院基本料が導入されてから、どの病院もさらに看護師不足に悩むようになり、看護師の確保に重点を置くようになっています。そこで注目されているのが、潜在看護師です。潜在看護師とは、看護師免許を持っているけれど、看護師として働いていない人達のことです。体調不良や結婚、出産を機に一度離職している人達ですね。現在、この潜在看護師は55万人もいると言われていて、看護師不足という問題を解決するために、この潜在看護師を復職させようとしている病院も多いんです。もう一度看護師として働いてみようと思い立ったのは良いですが、心配なのはブランクが...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る