ブランクがある看護師の再就職|看護ラボ kango-labo.com

MENU

ブランクがある看護師の再就職記事一覧

1.ブランクがある看護師の再就職への3つの不安看護師として働いていたけれど、何らかの理由で退職して、そのまま看護師として働いていない看護師のことを潜在看護師と言います。厚生労働省が平成22年末に推計したデータでは、潜在看護師は約71万人もいるとされています。(厚生労働省「看護職員の現状と推移」 PDF)こうした潜在看護師の中には再び看護師として働きたい、復帰したいという希望を持つ方もたくさんいます...

ブランクがある看護師は、再就職する時に「こんな私でも、再就職できるかしら?」とか「再就職に失敗したらどうしよう?」などの不安を持っていると思います。ブランクがある看護師が再就職する時には、次の7つのことに注意するようにしましょう。ブランク看護師の再就職7ポイント無理なく働けるかを確認する確認の仕方をくわしく! >>フォロー体制が整っているところを選ぶフォロー体制の見方 >>求人選びの時は隅々まで情...

ブランクのある看護師の不安と希望結婚や出産、体調不良などで一度退職した方が、もう一度看護師として働く場合、ブランクがあることに不安を持つ方が多いと思います。確かに、看護技術は使わないとどんどん落ちていってしまいますし、看護知識も忘れてしまっているものが多いでしょう。「退職前までは普通にできたことでも、復職後にできなくなっているかもしれない」、「看護師の仕事は重労働なので、体力がついていくのか」など...

看護師不足と潜在看護師元々看護師不足と言われていましたが、2006年に7対1入院基本料が導入されてから、どの病院もさらに看護師不足に悩むようになり、看護師の確保に重点を置くようになっています。そこで注目されているのが、潜在看護師です。潜在看護師とは、看護師免許を持っているけれど、看護師として働いていない人達のことです。体調不良や結婚、出産を機に一度離職している人達ですね。現在、この潜在看護師は55...