看護師の転職の際の総合病院選びのポイントとは?|看護ラボ kango-labo.com

MENU

転職の際の総合病院選びのポイントとは?

総合病院への転職

新卒で病院に就職し、ある程度経験を積んで、一人前の看護師としてバリバリ働いていると、このままこの病院だけで働いていて良いのだろうか?と、ふと思う時がありませんか。もっと他の病院も見てみたい、違う環境で働いてみたいと思った人に人気の転職先が総合病院です。

 

総合病院とは、内科や外科、産婦人科、小児科、眼科など様々な診療科があり、入院施設が整っている病院なので、転職前と同じ診療科で働くことも可能ですし、違う診療科に挑戦することも可能なんです。まだ看護師として将来どうなりたいかを決めていない人でも、総合病院なら様々な選択肢があるので、色々経験しながら決めていけるのも良いですね。

 

総合病院への転職先探しのポイント

看護師の求人サイトを見てみると、総合病院の求人はたくさんあります。たくさんあり過ぎると、どこに転職すれば良いのか迷ってしまいますよね。総合病院を選ぶ時のポイントを考えてみましょう。勤務体制や待遇面、キャリアアップ支援などの教育体制の充実など、病院によってこれらのことはかなり変わってきます。

 

交代勤務 2交代か3交代か

勤務体制は、2交代なのか3交代なのかはとても大切なことです。今まで2交代で勤務してきたのに、いきなり3交代で勤務すると体調を崩す原因になります。2交代が良いか3交代が良いかは好みの問題になってきますので、自分に合う方を選択しましょう。

 

給料、休日などの待遇や勤務環境

待遇面に関しては、お給料が良いかどうか、休日は年間どのくらいあるのか、残業は多いのかなどはもちろんですが、夏季休暇や有給休暇がきちんと取れるのかなども事前にチェックしておきましょう。さらに、ママさん看護師は病院内に託児所があるかどうかなども重要なポイントですね。最近は、病院内に24時間体制の託児所が併設されているところが増えてきています。友人のママさん看護師は、24時間体制の託児所があるかどうかで転職先を決めていました。夜勤中でも自分の職場のすぐ近くで、保育士さんがしっかりと子供を見てくれているので、安心して仕事に集中できるそうですよ。

 

教育・研修体制

キャリアアップ支援などの教育体制ですが、近年は大きな総合病院には認定看護師や専門看護師などのキャリアアップを積極的に支援してくれる病院も増えてきています。今後、キャリアアップを目指したい人は、院内での研修制度が充実しているかも含めて、教育体制が整っているかどうかに重点を置きましょう。

 

得意な診療科

また総合病院といっても、どの診療科を「売り」にしているかは、それぞれ違います。糖尿病やがん治療など、自分の興味のある分野を得意としている病院を選ぶのもおすすめです。その病院で働けば、それだけ多くの症例の看護ができますし、その分野の看護のスペシャリストとなれるでしょう。

 

たくさんある総合病院の中から、どこを選べば良いかは人それぞれです。自分はどのポイントを重視したいのか、どのポイントは譲れないのかをしっかりと考えて、自分の希望に合った総合病院を探してみましょう。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>

看護師の転職の際の総合病院選びのポイントとは?関連ページ

総合病院の看護師の仕事の特徴とは?
総合病院での看護師の給料と給料アップの秘訣