脳神経外科のある日の出来事、絶対助けてあげたい


3歳の子の回復力は看護師の想像以上でしたその日私は、救急外来の担当でした。
救急車で運ばれてきた患者さんは、3歳。
脳神経外科に救急搬送される患者さんの多くは、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など、いわゆる血管系の老化に伴う血管の破綻から起きる疾患です。そのため、高齢の方がほとんどです。

その3歳の子供は、子供乗せ自転車のかごに乗っていた状態で、自転車が倒れ、コンクリートに頭を強打し、運ばれてきました。

外傷性脳出血でした。

自転車に乗って、買い物に行き、自宅に帰った時に起きた事故でした。
お子様を持つ方なら想像がつくかと思いますが、重い荷物と子供をおろす順番を間違えたのです。
考え事でもしていたのでしょうね。
この日は、なぜか子供からではなく、荷物を先におろしてしまったのです。
自転車の前と後ろに、子供・荷物がのっていて、バランスが取れていた状態から、荷物をおろした瞬間、バランスを崩し、子供が乗ったまま自転車が横に倒れてしまったのです。
お母さんの不注意が原因の事故でした。

付き添ったお母さんは、半狂乱で、そのお母さんの気持ちを考えると涙がでました。
私が変わってあげたいと思ったでしょうね。

救急対応していたスタッフ全員、「絶対助けてあげるからね」と思っていたと思います。
緊急手術に向けた検査や処置が、流れるように施され、手術に向かいました。

長い手術を終え、3歳の子供が集中治療室に戻ってきた姿は、手術創の髪の毛は剃られ、頭に数本の管が挿入され、足の付け根からは、点滴の管が挿入されています。
私たち医療者は、そのような人間の姿を日々、目にしているため、良かった、これで何とかなりそうだ。と元気になっていく姿を想像出来ますが、お母さんの目にはどのように映ったでしょうね。

さっきまで、スーパーで、おもちゃやお菓子をせがんで困らせていた子供が、たった数時間で、変わり果てた姿で目の前に横たわっている。
また、大人用の大きなベットに横たわる3歳児の姿は、本当に弱々しく見えます。

しかし、子供の脳は本当に回復が早く、驚異的なスピードで元気になっていきました。
一側の上下肢に軽度の麻痺は、ありましたが、リハビリで回復するレベルでした。
看護師になって良かった。こんな自分でも、人の役に立てるんだと思いました。

お母さん良かったね。本当に辛かったですね。
今頃、あの子は20歳くらいになっていると思います。どんな大人になっているのかな?。
素敵に成長しているんだろうな?

患者さんも看護師もすっきり 【職業病】


摘便は患者さんも看護師もすっきりです!看護師は、仕事内容の特性から、様々な職業病を持っています。
これは、病院にかかってお薬を出してもらえば治る病気ではなく、看護師のキャリアを積めば積む程重症になっていく性質のもので、私はこの病をステータスと呼んでいます(笑)

摘便とは、便秘で苦しんでいる患者さんが、下剤の内服をしても、浣腸してもどうしても便が出せないときに行う看護処置です。

手袋をつけて、患者の肛門に指を入れて、便を掻き出す援助です。
一般の方には、想像がつかない行為かもしれません。
しかし、患者さんは、便を出せずに苦しんでいるため、何とかしなくてはなりません。
便臭にやられて、めまいを起こしている場合では無いのです!

この病を発症すると、便の匂いも一瞬感じなくなります。
直腸で、ウサギのうんちのように、カチカチになっている便を残さず出す!!
この事に集中します。もちろん直腸の長さ・大腸の構造などをよく考えて援助しています。

想像して下さい。詰まっていたものを奇麗に掻き出す。ちょっとスッキリしませんか?
これで、患者さんが楽になるのです。
自分もスッキリする上、患者さんにも有益なんて、本当に素晴らしいことです。

だいたい、便にまつわる援助なんて、一般の方なら嫌でしょうね。
しかし、看護師として白衣をまとうと、この援助にちょっとした楽しみを見つけられるようになるのです。ステータスです。

最近は、摘便の機会に恵まれず、少し残念な気持ちです。(;^ω^)

注射の針刺し大好きの私は危ない? 【職業病】


血管を見るとついつい注射のイメージを持ってしまう看護師の職業病看護師の職業病の一つと言えると思いますが、人の腕に浮き出ている血管の観察をしてしまいます。
特に電車やバスに乗ったとき、腕から見える血管を凝視してしまいます。
ひそかに、針を刺す所を想像して、この血管なら一発でいける!!! 刺しやすそう?
と怪しい顔をしている事でしょう(笑)

血管を一発でとらえることは、ナースにとって快感です。
神経を研ぎすませて、挑んだ戦いに勝利する。
負けた時は、患者さんに痛い思いをさせてしまった罪悪感と敗北感でいっぱいです >w<

血管に針を刺す時のコツは、血管の太さ・深さはもちろんのこと、
弾力性や内腔の太さなどを指先で感じ取り、3Dでイメージすることです。
そして、一番重要な事は、「ダメかも?」と思う血管は選ばない事。
そんな時は、大体が失敗しますよね。
「いける!!」と思う血管をねらう事が重要です。

時々、先輩ナースに「ここに刺してみたら?」と、勧められることもあると思いますが、
「ここは、自信がないので」と、丁重にお断りして、
自信のある血管に刺す事をお勧めします。

そして、躊躇せず、狙いを定めた所に、スピーディーに且つソフトに刺す事です。
この技は、経験を積まないと上達しません。
新人看護師の皆さんは、恐れずにドンドン経験を積みましょう!

看護師歴25年の私は、針刺しが大好きです。
ちょっと、危ないですね?(;^ω^)

看護師の旦那さんって、本当に可哀想


看護師の旦那さんは可哀想かも知れませんね看護師はいつも、患者さんに優しく、誠実で、丁寧に接する必要があります。
一般の方たちも恐らく看護師に対して、そのような印象を持っているかと思います。

たぶん、うちの主人も、そのような印象を持っていた事でしょう。

しかし、家でもそうかというと、全く違います。
シェフが、自宅ではお料理をしないように、看護師も家では、看護師ではないのです。
正確に言うと、主人に対しては、看護師ではないのです。

子供に手のかかる時期のママさんナースなら、絶対同感してくれると思いますが、

主人に、「ちょっと、具合が悪いんだけど?」とか、
「ここ、切ったみたい」などと言われた時のあの気持ち。
(はあ??大人なんだから、自分で、病院行ってよっ!!! 私は、医者じゃないんだから。)
(ちょっと、私に甘えてんの?やめてよ?。子供の世話は、私一人でしなきゃなんないじゃない。本当、使えないなんだから。)

という、気持ちが沸き上がってきます。あ、恐ろしい?
もちろん、本当の気持ちは、言いませんよ。

しかし、子供に対しては、全く違います。
看護師の知識と技術を、マックス発揮します。
傷の処置などは、病院とほぼ同じレベルで行う事ができます。
発疹が出た。熱が出た。お腹が痛い。嘔吐した。などなど、
だいたいの原因を予測し、病院へ連れて行くタイミングなど分析・判断します。

この扱いの違いは、何なんでしょう。本当に可哀想になります。
看護師と結婚しなかったら、心配され、優しくされたことでしょうね。

本当に、ごめんね。子供たちが成人したら、優しくするから許してね?

排便介助で「お馬さんして」


患者さんに「お馬さんして」と言いそうになりました先日、便失禁をした患者さんの介助をしました。
お腹の調子が悪く、下痢気味でトイレにたどり着くまで、間に合わなかったようです。
しばらく、トイレに立てこもり、出てこないので声をかけると、「うーん、ちょっと・・・。」と、悲しい声が・・・。
「失礼します。」と扉を開けると、パジャマ、ショーツ、便座が便まみれ。

暖かい布で拭き取りました。
しっかり拭き取るために、前屈の姿勢を取ってほしかったのですが、「お馬さんして~」と言いそうになる自分がいました。

家には2歳の子供がいるため、子供のお尻を拭くときの「お馬さんして~。」が染み付いていたのです。
この言葉は、発しませんでしたが、心の中で、クスっとしてしまいました。
危なかった~。^^;

入浴介助は笑顔が見れて好きです


入浴介助は看護師の仕事の中でも患者さんの笑顔が見られるので好きです脳神経外科に勤務している頃の話です。
その日、私は入浴介助をする日でした。
一般の浴槽に入る事が困難な意識状態があまりよくない患者さんを、ストレッチャーを使用し入浴の援助をするのです。

入浴介助用の作業着に着替え、張り切って介助をしていました。
浴室では、患者さんと私の二人きりです。
私の張り切りと、二人だけという空間と、浴室の音響がからみあい、意識刺激と称して、歌を歌ってしまいました。

もちろん患者さんの年代に少しでも近づけるような「美空ひばり」を歌ったような気がします。カラオケが大好きだった私は、気分が良くなってきて、声が大きくなっていたのでしょう。

介助が終わって、浴室を出たら、数名の患者さんがいて、笑いながら拍手をしていました。

浴室の隣のお部屋まで、聞こえていたようです。
恥ずかしいやら、嬉しいやらで、私もニヤニヤしてしまいました。

患者さんの笑顔が見られる業務なので、入浴介助は大好きでした。

困った患者さんの中でも一番困ったのはコノ患者さん


看護師を困らせる、困った患者さんも色々な方がいます。どこにでも困った患者さんっていますよね。

今まで、たくさんの困った場面に遭遇してきました。
例えば、

「自分が一番具合が悪いのだから、一番に見てほしい。」
「弟からもらったこの軟膏が良く効くから、(当時、院内処方で取り扱っていなかった)その薬を採用してほしい。」
「あの患者さんは何の病気なんだ。同じ部屋だから知っておくのが当然だ。」
「どうして、21時に消灯で、6時に起床なんだ。同室患者さんがいるのに自分の都合のみで、起床・消灯時間を決めたい。」

などなどなど・・・。

しかし、このような場面は、話を良く聞き、患者さんがしてほしい事を良く聞いた上で、譲歩できることはないか考え、希望に添えない理由を説明すれば、解決できます。

しかし、今までで一番困った、何とも不愉快になる出来事がありました。

治療のために病院に来ているのに、治療に協力しない患者さんがいました。
自分の不調を訴えるのですが、その不調を改善するために、このような検査、処置、治療が必要と医師が説明しても、独自の理由で、すべて拒否。

そして、医師が、立ち去った後、悶々とした気持ちを私たちにぶつけて来るのです。
かなりの時間をかけて患者さんの言いたい事を、良く聞くのですが、
何に困っていて、何をしてほしいのか、どんな症状を治してほしいのか、
要点をまとめて聞き返すのですが、すべて否定。
一通りお話を聞いた後、こちらが提案する状況になると、こちらの話の途中にかぶせるように、話してきます。

ただ、謝ってほしい訳でもなく、話を聞いてほしい訳でもなく、何をしてほしいのかが全くわかない患者さんなのです。

医療者の話を聞く気が全くないのです。

聞く気がないのに聞いてくる患者さんの心理とは、いったいなんなのでしょうか?
本当に困っています。

看護研究もまた楽しい!


看護研究はとても楽しかったです!残業時間以外にすることが出来たのは恵まれていますね!中規模以上の病院なら、毎年行われる冬の厄介行事。
それは、看護研究。

先日私もやっと書き終えたばかりです。
まるで、お腹の中で大切に育てた子供を、産み落とすのに似た気持ちが込み上げてきます。
出来上がった研究は、私にとって、宝物で、大切なものです。

あんな辛い作業を良く頑張ったな。この研究結果は、患者さんのために有益なものになった。
と、自分をほめています。

看護研究は、多数のナースが苦手意識を持っていると思います。
その理由として、通常の業務を終わらせて、
サービス残業という奉仕と慈善の領域で、行わなければいけないからだと思います。

臨床に看護研究が根付かないのは、このような負担が大きすぎるからだと研究を読んだ事があります。

幸運にも、現在の私の職場環境は、通常の業務時間内で研究活動の時間が取れます。
研究のための残業は、ほとんどしませんでした。
もちろん、家に持ち帰って、行ったこともありましたが、それは、嫌々ではなく、やりたくて、楽しくてやったという感覚です。また、来年も研究しても良いとすら思っています。

そのような環境と、周りのスタッフの協力・配慮に感謝しています。

しかし、私のような環境の施設はほとんどないかと思います。
今後、看護を発展させたいのであれば、もっと、時間的余裕を持たせることが大切だと思います。

いつか、そんな時代になり、厄介行事から歓迎行事になる事を望みます。