療養型病院での看護師の仕事と待遇・給料・求人|看護ラボ kango-labo.com

療養型病院での看護師の仕事と待遇・給料・求人記事一覧

療養型病院の特徴と看護師の仕事

療養型病院とは何か療養型病院とは、急性期の治療が終わり、慢性期になった患者さんが入院・治療をうける、療養病床を持った病院のことです。療養型病院は診療報酬上、急性期のような治療は行わないものの、1年以上の長期入院が可能ですので、慢性期の患者さんはゆっくりと療養することができます。医療法で、病院の病床は「一般病床」と「療養病床」、「精神病床」、「結核病床」、「感染症病床」の5つに分けられていますが、療養病床を持っている病院が療養型病院とされています。療養型病院とは、急性期での治療を終えて、慢性期に入った患者さんが療養目的で入院する病院です。一般的な急性期病院は、基本的には1ヶ月以内、長くても3ヶ月...
続きはコチラ

療養型病院を職場とする看護師の仕事のメリットとデメリット

看護師が療養型病院で働く5つのメリット一般病院とは違い、慢性期で病状が比較的安定している患者さんが多い療養型病院ですが、療養型病院で働く看護師のメリットとデメリットには何があるのかを確認しておきましょう。まずはメリットからです。看護師が療養型病院で働くメリットは5つあります。個別性のある看護ができる看護師が療養型病院で働くメリットの1つ目は、1人1人に合わせた看護ができることです。療養型病院では、入院期間に制限がありませんので、1年以上と長期にわたって入院している患者さんも珍しくありません。一般病院では診療報酬の問題で、入院期間はできるだけ短くする傾向にありますので、基本的には1ヶ月以内、長く...
続きはコチラ

看護師が療養型病院に転職する際の求人選び9ポイント

療養型病院だからこその転職ポイント療養型病院は、急性期を過ぎて、病状が比較的安定している患者さんが多いです。急性期病院に比べると、職場の雰囲気はゆったりしていて残業も少ないため、家庭を持っていたり、育児に追われている看護師さんには人気の転職先となっています。でも、療養型病院ならどこに転職しても同じというわけではありません。転職して後悔しないためにも、療養型病院の求人を選ぶ際の9つのポイントを確認しておきましょう。今から説明する9つのポイントを考慮して、療養型病院の求人を選べば、理想通りの療養型病院で働けるはずです。どんな看護を行っているか療養型病院の求人選びのポイントの1つ目は、どんな看護を行...
続きはコチラ

療養型病院の看護師の給料と給料アップの秘訣

療養型病院の給料療養型病院は、急性期の治療が終わって慢性期に移行し、病状が安定している患者さんが多いので、急性期のように職場の雰囲気がバタバタしていたり、忙しくて殺気立っている、と言うことはなく、穏やかでゆったりとしていることが特徴です。また、急性期病院と比べると残業時間が少なく、家庭や育児と看護師の仕事を両立させやすいため、既婚者や育児中の看護師に人気の転職先となっています。でも、転職する時に気になるのは給料です。いくら療養型病院は既婚者や育児中の看護師にとって働きやすい職場だとしても、あまりにも給料が安かったら転職する気は起きませんよね。療養型病院の給料について見ていきましょう。療養型病院...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る