看護師の職場としての精神科病院の選択の仕方|看護ラボ kango-labo.com

MENU

どうやって選ぶ?精神科病院の選び方

精神科病院勤務のやりがい

うつ病やパニック障害など気分障害の患者さんの増加などに伴い、精神科の役割は年々大きくなってきています。それに伴って、精神科で働く看護師の需要も高まってきているんです。

 

精神科での看護師の仕事は、ほかの診療科に比べて少々特殊と思う方もいるでしょうし、患者さんが突然興奮して暴力をふるったり、暴れたりして危険が及ぶ場合もあるので、敬遠する方もいるでしょう。でも、精神科の看護師の仕事は専門性も高く、精神看護の認定看護師や専門看護師の資格もありますので、キャリアアップも可能です。精神科病院で働く場合、精神科での仕事が「合う」「合わない」の差が人によって大きいですが、自分にピッタリだと感じた場合は、大きなやりがいを感じられるでしょう。

 

精神科病院でやりたい看護は?

精神科病院に転職したいと考えた場合、転職先の病院を選ぶポイントは何でしょう?もちろん、給与や待遇、勤務体制、通勤しやすい立地条件かどうかなども重要なポイントになりますよね。確かにこれらのことは、転職する上でとても重要なことになってきますが、精神科で働くからこそ、こだわるべきポイントがあるんです。

 

まず、自分がどのような精神科病院で働きたいのかを考える必要があります。精神科といっても幅が広く、精神科のクリニックで働きたいのか、入院施設のある精神科病院にするか、これらによっても仕事内容は異なってきます。

 

精神科クリニックは外来のみですので、仕事は医師の診療補助が主なものになり、患者さんの症状も比較的軽いものが多いでしょう。精神科病院は、入院施設もあり患者さんの日常生活援助や薬の管理だけでなく、患者さんとのコミュニケーションも重要な仕事になってきます。作業療法やデイケアなどを行っているのも精神科病院の特徴です。

 

多様な精神科病院

また精神科病院の場合は、開放病棟、閉鎖病棟、慢性期病棟、急性期病棟など様々な病棟があります。自分が精神科の中でどのような分野に興味があるのかを考えた上で、精神科病院を選んでいくと良いでしょう。

 

最近では、アルコール依存症病棟、児童・思春期病棟、精神科救急病棟などそれぞれの分野に特化した病棟もありますので、興味のある人はそのような病棟がある精神科病院を探してみてはいかがですか?

 

ぼんやりと精神科で働きたいと思って転職先を探すよりも、精神科の中でもどのような所で働きたいのか、どのような分野の精神科に興味があるのかをしっかりと把握してから、転職先を探したほうが、満足のいく転職をすることができますよ。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

【看護ラボ kango-labo.com】 トップページへ