一般企業に勤務する看護師に求められるスキル・適性|看護ラボ kango-labo.com

MENU

一般企業に勤務する看護師に求められるスキル・適性

一般企業に必要なスキル

一般企業に勤務する看護師には、どんなスキルが必要なのでしょうか?

 

一般企業での看護師の仕事には産業看護師や治験コーディネーター、臨床開発モニター、クリニカルコーディネーター、コールセンターでの電話対応などがありますが、これらの仕事をする場合、特別に必要な資格はありません。

 

しかし、一般企業に勤める上で必要なスキルはあります。どんな看護師が一般企業に向いているのか、どんなスキルが必要なのかをご紹介します。

 

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、一般企業だけでなく看護師として働く上で必要なスキルと言えるかもしれませんね。でも、特に一般企業では必要とされるスキルなのです。

 

一般企業ではコミュニケーションを取りながら働くことが多くなります。例えば、企業の医務室で働く産業看護師は社員の健康相談や健康教育を行いますし、メンタルヘルスケアを行います。

 

これらは、じっくり会話をしながら行いますので、コミュニケーションは重要になりますよね。

 

また、治験コーディネーターや臨床開発モニターは医師や被験者、製薬会社などとコミュニケーションを取りながら治験を進めなくてはいけませんし、クリニカルコーディネーターは製品のPRやレクチャーを行いますのでコミュニケーションスキルが必要です。

 

コールセンタ―での電話対応の仕事も、もちろんコミュニケーションスキルは必須になりますよね。

 

パソコンスキル

一般企業で働く看護師は、パソコン操作のスキルが必要になります。一般企業では健診の結果や治験のデータなどを管理しますので、パソコンを使ってのデスクワークが多くなります。

 

プログラミングなど専門的なパソコンスキルは必要ありませんが、ワードやエクセル、パワーポイントの基本的な操作は出来るようにしておきましょう。

 

ビジネスマナー

一般企業で働く看護師は、最低限のビジネスマナーも必要になります。病院などの医療施設で働く場合、常識的なマナーを守っていれば、特にビジネスマナーは必要ありません。

 

でも、一般企業で働く場合は別になります。TPOに合わせた服装をして、名刺交換や電話応対、ビジネスメールなどは先方に失礼のないように出来るようにしないといけません。

 

看護師は仕事中は常にナース服ですし、名刺交換やビジネスメールなんてまったく知らず、ビジネスマナーの自信がないという看護師さんも多いと思います。

 

ビジネスマナーは今は知識がなくても、一般企業への転職後に先輩社員に教えてもらいながら、少しずつ身につけていけばOKです。

 

スキルアップ志向

一般企業ではスキルアップ志向が必要になります。医療施設で働いていると、特に仕事の成果が求められることはありませんよね。

 

もちろん、患者さんが少しでも早く回復できるように看護をしなければいけませんが、「今月は何人の患者さんを退院させた」とか「何人の入院を受けた」などの成果は問われません。

 

でも、一般企業は利益を追求する場所ですので、一生懸命に仕事をするだけでは不十分であり、仕事の成果を出さなくてはいけません。

 

仕事の成果を出すには、自分自身のスキルアップが必要になりますので、一般企業で働く看護師はスキルアップ志向を持っていなければいけないのです。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>