救命救急センターで求められる看護師のスキル・経験・資質とは?|看護ラボ kango-labo.com

MENU

どのような看護師が求められるのか

向上心とやる気のある看護師

三次救急の患者さんを24時間体制で受け入れている救命救急センターですが、近年は救命救急センターを舞台にしたドラマが放送されて人気となったため、「自分も救命救急センターで働きたい!」と転職や配置換え希望する看護師さんも増えています。では、救命救急センターでは、どのような看護師さんが求められているでしょう。

 

私も救命救急センターで働いていたことがありますが、向上心ややる気がないと難しい職場だと思っています。

 

救命救急センターには、生命の危機に瀕した重篤な患者さんが24時間365日運ばれてきます。患者さんの疾患も様々で、主なものでも急性心筋梗塞、脳卒中、多発性外傷、頭部外傷、全身熱傷、原因不明の意識障害や心肺停止などがあります。このように、あらゆる疾患や外傷を取り扱っているので、診療科も循環器内科、神経内科、脳外科、心臓外科、整形外科など様々な診療科の領域にわたります。

 

そのため救命救急センターで働く看護師も、その様々な診療科の疾患や外傷の知識や技術が求められます。しかも、重篤な患者さんばかりですので、広く「深い」知識や技術が必要となってきます。さらに救命救急センターには、最新の医療機器が揃っており、それらを管理するのは看護師の仕事です。人工呼吸器だけでなく人工心肺装置や血液透析の機械など一般病棟では扱わないものも、救命救急センターでは日常的に扱わなくてはいけません。

 

このように救命救急センターで働く看護師は、様々な診療科の知識や技術と医療機器の取り扱いなどが求められます。日々の勉強しなくてはいけませんし、医療機器の取り扱いを覚えても、どんどん新しいものが導入されるので、その度にまた学んでいかなくてはいけません。だからこそ、救命救急センターで働くには、向上心とやる気が必要なんです。

 

体力も必要

そのほかに救命救急センターで求められるものは、体力です。救命救急センターは24時間、いつでも患者さんを受け入れられるように、日勤でも夜勤でもスタッフの数は変わりません。そのため、夜勤に入る数は一般病棟よりも多くなります。また、夜勤中も重症な患者さんを担当しながら、救急車が来たらそちらも対応しなければならず、日によっては座って記録をする暇もない程忙しい時もあるんです。そのため、体力がある看護師が求められると言えるでしょう。

 

最初は誰でも急変時に対応できなかったり、テキパキ動けなかったりするものです。でも、それは日々の努力で補うことができます。向上心とやる気、そして体力があれば、救命救急センターで一人前の看護師になることができるでしょう。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>

救命救急センターで求められる看護師のスキル・経験・資質とは?関連ページ

救命救急センターとは?その特徴と看護師の仕事と待遇
救命救急センター勤務の給料と給料アップの秘訣