大学病院の看護師の給料と年収アップの秘訣|看護ラボ kango-labo.com

MENU

大学病院勤務の給料と給与アップのための秘訣

大学病院の看護師の給料

看護師が就職や、転職を考えるときに気になることのひとつに給料があります。大学病院は、以前は、「文部省」管轄の国家公務員だったため、給与・退職金ともに良かったといえます。現在は独立法人化されたため、一般的な病院と大きく違いはないようです。しかし、地方によっては、一般の病院より高めに設定してあるところがありますので一概にはいえません。

 

看護師の「高給与」を占める手当てのひとつに「夜勤手当」や「賞与」があります。大学病院においては、夜勤手当や・賞与は比較的高めの傾向です。また、勤務形態により、夜勤専従という勤務や、スキルアップ後の「資格手当て」、看護師としての経験年数の加算など、給与アップのための手当が複数存在します。また、毎年の給与のベースアップも、この不景気の中での一般病院に比べると差がでてきます。結果的に、年収としては、一般病院よりは上回っている施設が比較的多く存在しています。

 

大学病院で給与アップするために…

初就職が大学病院の場合、まずは、「スキルアップ」「キャリアアップ」です。資格を取得することで、専門の部署を任されることや、手当てがつくことがあります。また、主任、師長といった立場に対する手当があります。

 

転職で、給与アップを目指すためには、まず「よい条件」を探すことが一番です。最近では、看護師の求人サイトに登録した後に、求人サイトのコンサルタントを通じて、給与の交渉(経験年数を加味したベースアップなど)を行い、合意した時点で、就職するということも珍しくはありません。施設の特殊性のため、就職後、個人的に給与の交渉はかなり困難です。であれば、やはり就職する前に交渉をすることが近道のようです。

 

大学病院での看護師の給与の年収は地域によっても差があります。就職をするときには、きちんと情報を把握してから就職を決めてください。

 

給料には現れない「ボーナス」があるのが大学病院

大学病院は、「給与」だけではなく「知識・技術」という財産を獲得するためにとても有効な施設です。多少の誤差は「教育費」「自分のための先行投資」と、考えれば、決して悪くはない条件です。大学病院は、教育・臨床・研究とスキルアップにかかせない条件が整っています。また、その目的達成のための支援や、福利厚生もしっかりしています。キャリアアップ、看護の質の向上を目指すのであれば最適の職場だといえます。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

【看護ラボ kango-labo.com】 トップページへ