一般企業での看護師の仕事と待遇|看護ラボ kango-labo.com

一般企業での看護師の仕事と待遇記事一覧

一般企業での看護師の立場、役割と仕事

企業で働く看護師看護師の職場というと、病院などの医療施設が一番最初に思い浮かぶと思います。でも、看護師の職場は医療施設だけではありません。一般企業で働く看護師もいるんですよ。一般企業で働く看護師というとイメージしにくいかもしれませんが、看護師の活躍の場は広がっているんです。一般企業で働く看護師は、社員の健康管理を行う産業看護師、治験業界で働く治験コーディネーター(CRC)や臨床開発モニター(CRA)、医療機器メーカーや製薬会社で自社の製品をPRしたり使い方をレクチャーするクリニカルコーディネーター、健康関連の事業を行う企業のコールセンターでの電話対応の5つがあります。産業看護師産業看護師は、定...
続きはコチラ

一般企業に勤務する看護師に求められるスキル・適性

一般企業に必要なスキル一般企業に勤務する看護師には、どんなスキルが必要なのでしょうか?一般企業での看護師の仕事には産業看護師や治験コーディネーター、臨床開発モニター、クリニカルコーディネーター、コールセンターでの電話対応などがありますが、これらの仕事をする場合、特別に必要な資格はありません。しかし、一般企業に勤める上で必要なスキルはあります。どんな看護師が一般企業に向いているのか、どんなスキルが必要なのかをご紹介します。コミュニケーションスキルコミュニケーションスキルは、一般企業だけでなく看護師として働く上で必要なスキルと言えるかもしれませんね。でも、特に一般企業では必要とされるスキルなのです...
続きはコチラ

一般企業で看護師として勤務する時の注意点

医療現場からの乖離病院で働く看護師の場合、夜勤があり生活リズムが崩れてしまうことや土日休みや連休が少なくプライベートが充実させづらいなどの悩みがあります。その点一般企業で働く企業看護師は、夜勤もなく日勤帯だけですし、週休2日土日休みのところがほとんどです。そのため、病院で働く看護師から企業看護師に転職する人が増えています。確かに企業看護師は、勤務体制だけを考えると病院などの医療施設で働く看護師よりも恵まれていると言えるでしょう。でも一般企業で看護師をする場合、注意点やデメリットもあるんです。まず一つ目の注意点は、医療の現場から離れてしまうということです。一般企業で働く企業看護師は、病院で働くわ...
続きはコチラ

一般企業での看護師の給料と給料アップの秘訣

一般企業での看護師の給料一般企業で働く企業看護師には、産業看護師や治験業界で働く治験コーディネーターや臨床開発モニター、医療機器メーカーで働くクリニカル・コーディネーターがあります。最近では、病院で働く看護師から企業看護師に転職する人が増えているんですよ。でも人気の転職先である企業看護師の給料どのくらいなのか気になりますよね。具体的な額は、その企業や職種によるので一概には言えませんが、病院で働いていた時と比べて少し下がってしまう場合が多いようです。企業看護師のメリットは、なんといっても休みが安定していることと夜勤がないことです。一般企業の場合、土日休みの週休2日体制のところがほとんどですし、企...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る