一般企業での看護師の給料と給料アップの秘訣|看護ラボ kango-labo.com

MENU

一般企業での看護師の給料と給料アップの秘訣

一般企業での看護師の給料

一般企業で働く企業看護師には、産業看護師や治験業界で働く治験コーディネーターや臨床開発モニター、医療機器メーカーで働くクリニカル・コーディネーターがあります。最近では、病院で働く看護師から企業看護師に転職する人が増えているんですよ。

 

でも人気の転職先である企業看護師の給料どのくらいなのか気になりますよね。具体的な額は、その企業や職種によるので一概には言えませんが、病院で働いていた時と比べて少し下がってしまう場合が多いようです。

 

企業看護師のメリットは、なんといっても休みが安定していることと夜勤がないことです。一般企業の場合、土日休みの週休2日体制のところがほとんどですし、企業の場合は残業はあっても夜勤はありません。病院で働いている看護師は、夜勤手当などもつくので、その分お給料は高いのですが、企業看護師は勤務体制が恵まれている分、お給料が多少下がってしまうのは仕方のないことだと思います。

 

給料アップの秘訣

でも、一般企業に就職してからキャリアアップをして、お給料を上げていくことは可能です。例えば、企業の保健室に勤めて社員の健康管理をする産業看護師の場合、経験を積んで衛生管理者の資格や日本産業衛生学会の認定資格である産業看護師の資格を取っても良いでしょう。もちろん、その資格を取得してすぐにお給料がアップするわけではありませんが、自身のキャリアアップとなりますし、産業看護師という仕事を行っていく上で役立ちより良い仕事を行うことができるでしょう。その成果が企業に認められれば、給料アップへつながります。治験コーディネーターもスキルアップ方法として、認定資格がありますので、それに挑戦して治験コーディネーターのスペシャリストを目指すのも良いと思います。

 

キャリアアップも良いけれど、せっかく転職するなら少しでも条件・待遇・給料が良い企業に転職したいという方は、看護師の転職支援サイトを利用するのが企業看護師への転職を成功させる秘訣です。企業看護師の求人は、それほど多くありません。ハローワークなどに求人出していることはほぼありませんので、自分で企業看護師の求人を探すのはかなり困難でしょう。転職支援サイトには、企業看護師の求人が多く集まる傾向にあります。

 

数少ない企業看護師の中でも条件良くお給料の高い企業への就職を目指すなら、自分の条件に合う求人を照会してもらったり、プロのコンサルタントにアドバイスをもらったりして、失敗のない満足できる転職先を見つけましょう。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>