救命救急センターで働く看護師の待遇と仕事|看護ラボ kango-labo.com

救命救急センターで働く看護師の待遇と仕事記事一覧

救命救急センターとは?その特徴と看護師の仕事と待遇

救命救急センターとは?日本の救急医療は、初期救急、二次救急、三次救急に分かれています。初期救急は、入院の必要がなく外来診療のみで対応できる比較的軽症の患者さんを診療し、二次救急は入院治療を必要とする中等症の患者さんを診療しています。三次救急が二次救急では対応できない重篤で生命の危険がある患者さんを受け入れています。この三次救急の医療施設が救命救急センターです。救命救急センターは、現在全国で200ヶ所以上ありますが、原則24時間体制で患者さんを受け入れなければならず、100万人に対し最低1ケ所は設置されていて、地域における救急医療の要的な存在になっています。また生命の危険がある重篤・重症な救急患...
続きはコチラ

救命救急センターで求められる看護師のスキル・経験・資質とは?

向上心とやる気のある看護師三次救急の患者さんを24時間体制で受け入れている救命救急センターですが、近年は救命救急センターを舞台にしたドラマが放送されて人気となったため、「自分も救命救急センターで働きたい!」と転職や配置換え希望する看護師さんも増えています。では、救命救急センターでは、どのような看護師さんが求められているでしょう。私も救命救急センターで働いていたことがありますが、向上心ややる気がないと難しい職場だと思っています。救命救急センターには、生命の危機に瀕した重篤な患者さんが24時間365日運ばれてきます。患者さんの疾患も様々で、主なものでも急性心筋梗塞、脳卒中、多発性外傷、頭部外傷、全...
続きはコチラ

救命救急センター勤務の給料と給料アップの秘訣

救命救急センター勤務の給料救命救急センターを舞台にしたドラマが人気となったため、「救急救命センターで働きたい!」と転職を希望する看護師さんが増えていますが、転職するときに重要なポイントは、やっぱりお給料です。せっかく憧れていた救命救急センターに転職できたとしても、お給料が大幅に下がってしまったら、ガッカリですよね。救命救急センター勤務のお給料と一般病棟勤務のお給料は、ほとんど変わりありません。救命救急センターは、夜勤の回数が多いのでその分夜勤手当が多くつきますが、日勤も夜勤もスタッフの数が同じなため、残業時間が少ないんです。そのため、残業手当はほとんどなく、結局手取り額は一般病棟の時とほぼ同じ...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る