大学病院の勤務の仕事と待遇|看護ラボ kango-labo.com

大学病院の勤務の仕事と待遇記事一覧

大学病院での看護師の仕事の特徴と内容

大学病院で働く不安と広がる希望と可能性一見すると、いろいろ不安要素が多そうな感じです。しかし、実際にはそういうことはなく、看護学校を卒業後すぐでも、Uターン就職でも、復職でも…つまり、どんな状態の看護師でも勤務することができる病院なのです。では、大学病院で働くことを考えたときに、不安だと感じている内容はどういうことでしょうか?例えば、ある看護師は「最先端の知識についていけるかどうか」ということを挙げています。この点については、一にも二にも「学ぶ」ことと「慣れる」ことです。看護師の仕事に限らず誰しも初めての事には緊張もしますし、不安や、心配もあります。ですが、最先端の医療を知ることができるという...
続きはコチラ

大学病院での勤務のメリットとデメリット

大学病院勤務のメリットとデメリット?大学病院で働くときに考えられるメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?「どんな働き方をしたいか?」でその答えは違いますから、考え方によっては必ずしも、「メリット&デメリット」という表現が当てはまらないかもしれません。大学病院の特徴とあわせて、いくつか考えられることをあげてみます。大学病院での看護師の仕事の特徴って?研修・教育の場としての大学病院まず挙げられるのが、大学病院の持っている機能のひとつである「教育」です。大学付属の病院であるため、教育施設としての機能を求められます。医師はもちろん、看護師や医療従事者に対する教育を行うということを求...
続きはコチラ

大学病院の勤務に向く看護師と向かない看護師

大学病院に向く看護師と向かない看護師すべての病院や、施設においていえることですが、仕事には「向き・不向き」があります。そのため、就職したのちに「こんなはずじゃなかった」と辞めることがあります。「こんなはずじゃなかった」・・・とは、「何」を求めていたのでしょうか?反対に、「絶対無理だと思った」といいつつ、看護師長まで勤め上げる看護師もいます。ですから、次に挙げる内容は、あくまで「参考までに」という受け止め方をして頂けたらと思います。大学病院勤務に向いている看護師は?看護業務に専念したい大学病院は、圧倒的なマンパワーで、医療・看護・を含めた医薬分業がしっかりしています。そのため、看護師は診療補助や...
続きはコチラ

大学病院の看護師の給料と年収アップの秘訣

大学病院の看護師の給料看護師が就職や、転職を考えるときに気になることのひとつに給料があります。大学病院は、以前は、「文部省」管轄の国家公務員だったため、給与・退職金ともに良かったといえます。現在は独立法人化されたため、一般的な病院と大きく違いはないようです。しかし、地方によっては、一般の病院より高めに設定してあるところがありますので一概にはいえません。看護師の「高給与」を占める手当てのひとつに「夜勤手当」や「賞与」があります。大学病院においては、夜勤手当や・賞与は比較的高めの傾向です。また、勤務形態により、夜勤専従という勤務や、スキルアップ後の「資格手当て」、看護師としての経験年数の加算など、...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る