脳神経外科の特徴・メリット・仕事・選び方・給料アップ方法|看護ラボ kango-labo.com

脳神経外科の特徴・メリット・仕事・選び方・給料アップ方法記事一覧

脳神経外科の特徴やメリット・看護師の役割と必要なスキル

脳神経外科の特徴脳神経外科は、その名のとおり「脳」に関係した疾患を診察・治療する診療科です。脳は、人間の生命や活動を司る臓器ですので、脳神経外科の役割は非常に重要であると言えるでしょう。脳神経外科で扱う主な疾患は、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害や脳腫瘍、頭部外傷、パーキンソン病、てんかんなどです。脳神経外科の特徴のひとつに、医療技術が目覚しく進歩しているという点があります。全ての診療科で医療は進歩していますが、脳神経外科はほかの診療科に比べてそのスピードが速く、最先端の医療が行われています。日本での死因のトップ3は、「がん」、「心臓病」、「脳血管障害」でしたが、平成24年には順位...
続きはコチラ

脳神経外科の選び方、向き不向き、給料のアップ方法

脳神経外科に向いている看護師脳神経外科に向いているのはどんな看護師さんでしょう?脳卒中を発症した直後やオペ後など超急性期の患者さんは、いつ急変してもおかしくない状態です。特に、くも膜下出血は発症後1ヶ月以内に約50%が再出血すると言われていて、最初の出血で一命を取り留めても、再出血が原因で死亡するというケースも珍しくありません。そのため、脳神経外科(特に超急性期)で働く場合、患者さんの急変にいち早く気がつくためにも、観察が非常に重要になります。日頃から患者さんをしっかり観察していれば、「いつもと違う」、「なんとなく急変しそうな気がする」などの直感が働きますよね。観察が重要なのは、脳神経外科だけ...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る