緩和ケアの特徴や業務、看護師の適性、職場、給料アップ法|看護ラボ kango-labo.com

緩和ケアの特徴や業務、看護師の適性、職場、給料アップ法記事一覧

緩和ケアの特徴と業務、看護師の役割

緩和ケアの特徴日本人の2人に1人はがんにかかり、3人に1人はがんで亡くなっています。がんになると、身体的な痛みや症状のほかに悲しみや死への恐怖など様々な苦痛を持つようになります。がんの患者さんが持つすべての苦痛を和らげるための病棟が、緩和ケア病棟なのです。緩和ケア病棟は、別名ホスピスとも呼ばれています。病院の治療の目的は、基本的に「検査・診断・治療・延命」というものですが、がん患者のケアはこの「検査・診断・治療・延命」だけでは限界があるとして生まれたのが、緩和ケア・ホスピスなんです。緩和ケアは1967年にイギリスで発祥しましたが、日本では1981年に初めて緩和ケア病棟が作られ、2014年全国に...
続きはコチラ

緩和ケアへの適性とスキル、職場の選び方と給料アップ法

緩和ケアに向いている人、必要なスキル緩和ケア病棟では、患者さんの苦痛を理解し、その苦痛を取り除くようなケアをして、最期を看取ります。患者さんの苦痛は、身体の痛みだけではありません。精神的な苦痛、社会的な苦痛、そしてスピリチュアルな苦痛(魂の苦痛)の4種類があり、それが複雑に絡み合っています。そのため、緩和ケアで働く看護師は、患者さんの苦痛を理解するために高いコミュニケーション能力が必要になります。患者さんとの様々なコミュニケーションを通して、患者さんの痛みを理解するんです。特に、「聞き上手」の看護師さんは、緩和ケアで重宝されるでしょう。また、冷静な人も緩和ケアに向いています。患者さんの痛みを理...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る