精神科の特徴と看護師の適性、業務内容、給料アップの方法|看護ラボ kango-labo.com

精神科の特徴と看護師の適性、業務内容、給料アップの方法記事一覧

精神科の特徴と看護師の業務内容、メリット

精神科の特徴精神科というと、ちょっと特殊な診療科だと思っていませんか?確かに、精神科は身体ではなく心の治療をしますので、そういう意味では特殊な診療科と言えるでしょう。でも、精神科は身近な診療科でもあるんです。精神科で取り扱う代表的な疾患には統合失調症、うつ病、認知症がありますが、統合失調症を発症する人は100人に1人と言われています。うつ病の生涯有病率は15%(7〜8人に1人)で、65歳以上の高齢者の認知症有病率は5%前後、年間発症率は1〜2%とされています。このような数字を見ると、精神科は一般的な内科や外科のように身近な診療科であることがわかりますよね。精神科は、長期入院の患者さんが多いとい...
続きはコチラ

精神科勤務に向く看護師、必要なスキル、職場の選び方と給料アップの方法

精神科に向いている人、必要なスキル精神科は、ほかの診療科に比べて医療行為が少ないため、「医師の診療の補助」や「医師の指示の下に行うこと」よりも、看護師が主体となって日常生活援助や療養上の世話が多いという特徴があります。また、精神科は数ヶ月単位、場合によっては数年単位で入院している患者さんも多いですし、精神科の場合、同じ疾患でも症状や経過が人によって全く異なることも珍しくありません。そのため、精神科では看護師が看護の独自性を発揮しながら、患者さん一人ひとりとじっくり向き合い、どのような看護が必要なのか、患者さんの個別性に合わせたものを考えて実行していくことができます。このような看護が自分の理想と...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る