看護師の夜勤の72時間ルールを知っていますか?|看護ラボ kango-labo.com

看護師の夜勤の72時間ルールを知っていますか?記事一覧

夜勤の72時間ルール

診療報酬と夜勤時間診療報酬とは?診療報酬とは、保険診療の際に医療行為などの対価として支払われる報酬のことで、簡単に言うと、「病院の収入」です。この診療報酬は、厚生労働省によって細かく決められています。2006年に7対1入院基本料が導入されてから、看護師不足が顕著になりましたが、この「7対1入院基本料」とは何かご存知ですか?7対1入院基本料とは、診療報酬に関する基準で、患者さん7人対し看護師1人を常時配置すれば、その分診療報酬が多くもらえるという制度です。7対1入院基本料の条件を満たしていれば、入院患者1人につき1日1万5600円が算定でき、さらに入院期間が14日以内であれば1日4500円、15...
続きはコチラ

夜勤の72時間ルールの例外

72時間ルールの例外は?72時間ルールが適用されない病棟「私が勤める病院は7対1の基準を満たしているのに、月に6〜7回も夜勤に入っている人がいる」と疑問に思っている人はいませんか?夜勤72時間ルールは、全ての病棟に適用されているわけではなく、例外として免除されている病棟もあるんです。それは、救命救急センターやICU、NICU、HCUなどの集中治療系の病棟や回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟、認知症治療病棟などです。一般病棟は日勤に比べて夜勤の看護師の数が少なくて済みますが、これらの病棟は昼夜問わず、同じ質を保った看護を行わなくてはいけませので、日勤と同程度の夜勤看護師の数が必要となりま...
続きはコチラ

72時間ルールのメリットとデメリット

72時間ルールのメリットとデメリット72時間ルールのメリットそもそも、なぜ夜勤72時間ルールが作られたのでしょう?72時間ルール制定の目的は、看護師の労働負担を軽減することです。昔から、看護師の過労が問題になっていましたので、夜勤の労働時間を減らして、看護師の身体的負担を減らそうとしたのです。日本看護協会は、月の夜勤平均時間を64時間以下にすることを主張してきましたが、現場の病院からは、「月に64時間では不可能」との強い反発を受けて、夜勤の上限が72時間に設定されました。厚生労働省の「看護職員として勤務し続ける上での問題点」という調査では、「夜勤の身体的負担が大きい」という回答が4位に入ってい...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る