看護師が夜勤が怖い理由とは?|看護ラボ kango-labo.com

看護師が夜勤が怖い理由とは?記事一覧

夜勤でオバケが怖い

病院はオバケの巣窟?近年、日本では人生の最期を病院などの医療機関で迎える人が多くなっていて、昭和26年では病院で亡くなる人の割合は11.7%、自宅で亡くなる人は82.5%だったのに対し、平成21年では病院で亡くなる人は80.8%、自宅で亡くなる人は12.4%になっています。80%以上の人が病院で亡くなっているんですね。診療科にもよりますが、病棟で働く看護師さんで、一度も看取りをしたことがないという人はほとんどいないのではないでしょうか?1回の勤務で、2人以上の患者さんを見送ったことがある看護師さんも少なくないと思います。それだけ病院で亡くなる人が多いということは、ちょっと怖い話ですが、病院に亡...
続きはコチラ

夜勤の責任の重さが怖い

急変が怖い看護師さんが夜勤が怖いと思う理由は、オバケが出るからだけではありません。夜勤中に急変にあたることに対して、恐怖を感じるケースもあります。夜勤中は看護師の人数が少なく、2人体制で夜勤をしていることも珍しくありません。そして、医師は当直体制で病棟に常駐していないことがほとんどです。そんな中で急変が起こると、自分で適切な対処して、当直医を呼び、医師の治療の介助をして、家族対応をしながら、ほかの患者さんの対応もしなければなりません。日勤だったら、急変時にテキパキ動けなくても、ほかの看護師が手伝ってくれるので、何とか乗り切ることも可能ですが、夜勤中はそうもいきません。急変が起こるのは、なぜか日...
続きはコチラ

夜勤を怖いと思わなくなるには

オバケ対策法オバケが原因で夜勤が怖いと感じる場合は、お祓いを病棟でするわけにもいかないので、オバケへの考え方を変えるしかありません。考え方のコツとしては2通りあります。1つ目は、「オバケなんて非科学的な考えだ!オバケなんていない!」と考えることです。「オバケを見た」、「誰もいない病室から物音が聞こえた」という話を聞いても、「気のせいだ」と思うようにしましょう。2つ目の考え方は、「オバケがいても自分に害がないから、まぁいいか。」と思うようにすることです。オバケを見た人でも、オバケを見たことで、何か問題が起きたという話は聞かないですよね。「病院で亡くなる人が多いのだから、病院にはオバケがいて当たり...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る