皮膚科の特徴と業務内容、適性、給料アップの方法|【診療科別】給料・年収・待遇のアップの秘訣|看護ラボ kango-labo.com

皮膚科の特徴と業務内容、適性、給料アップの方法記事一覧

皮膚科の特徴と看護師の業務内容

皮膚科の特徴皮膚科は、その名のとおり皮膚の疾患全般を扱う診療科です。皮膚は頭皮からつま先の部分まで全身を覆っていますので、皮膚科は皮膚専門の診療科でありながら、診療範囲は全身に及びます。患者の年齢が幅広い皮膚科の特徴は、主に3つあります。1つ目は、皮膚科は新生児から高齢者まで幅広い年代の人が受診することです 新生児や乳児はオムツかぶれや乳児湿疹、小児になればアトピー性皮膚炎、思春期以降はニキビや水虫、蕁麻疹などもありますし、高齢になると脂漏性皮膚炎が増加します。比較的軽い症状2つ目が、命にかかわる重症な疾患は少ないことです。健康な人でも、何らかの皮膚トラブルで皮膚科を受診したことがあるという人...
続きはコチラ

皮膚科に適性のある看護師とは?皮膚科の選び方と給料アップの方法

皮膚科に向いている人皮膚科で働くことに向いている人は、ずばり育児中のママさん看護師です。皮膚科は病棟が少なく、外来やクリニックが多いですので、日勤のみの勤務であることがほとんどです。育児中はどうしても夜勤に入ることが困難になりますが、日勤のみの勤務だったら、育児中の人でも働くことができますよね。また、病棟に比べて残業時間が少ないので、保育園のお迎え時間に間に合わないなどのトラブルも避けることができるでしょう。クリニックの場合は、常勤ではなく非常勤の求人もたくさんあります。非常勤は、福利厚生等の恩恵を受けられない分、シフトをある程度自分の希望に合わせることができます。ブランクがある人も、皮膚科を...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る