整形外科の仕事・特徴・役割・職場の選び方・給料アップ法など|看護ラボ kango-labo.com

整形外科の仕事・特徴・役割・職場の選び方・給料アップ法など記事一覧

整形外科勤務の特徴や仕事の内容、メリットやデメリット

整形外科の特徴整形外科は、骨や軟骨、筋肉、靭帯、神経など運動器官にかかわる全ての組織を対象としている診療科で、四肢だけでなく脊椎や脊髄、骨盤など診療の対象が広範囲に及ぶことが整形外科の特徴のひとつです。整形外科は、脳外科や心臓外科、消化器外科と比べると、「命にかかわる病気は少ないから、ちょっと地味」というイメージがあるかもしれません。確かに、ほかの外科と比べると、命に直結する疾患は少ないですが、需要の大きな診療科なんです。厚生労働省の「平成22年国民生活基礎調査」によると、病気や怪我の自覚症状がある人(有訴者)の症状は、肩こりと腰痛が男女共に1位と2位を占めていて、手足の関節の痛みは男性で5位...
続きはコチラ

整形外科に向いている看護師、お勧め整形外科、給料アップ法

整形外科に向いている人整形外科で働く看護師は、どんな人が向いているのでしょう?整形外科の患者さんのほとんどが、意識がはっきりしています。また、回復が目に見えてわかりやすく、急性期からリハビリ期、在宅へ至るまでの看護に携わることができるという特徴があります。そのため、患者さんと話し合いながら看護計画を立てられますので、「患者さんとじっくり向き合って看護をしたい」、「患者さん主体の看護をしたい」という人は整形外科で働くと良いでしょう。整形外科のもうひとつの特徴として、患者さんの年代が幅広いという点があります。特定の年代だけでなく、色々な年代の患者さんの看護がしたいという人も、整形外科で勤務すること...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る