放射線科の特徴と看護師の業務・被曝・適性・給料アップ法|看護ラボ kango-labo.com

放射線科の特徴と看護師の業務・被曝・適性・給料アップ法記事一覧

放射線科の特徴、看護師の業務と被曝の不安

放射線科の特徴放射線科は、外科や内科ほど一般的なものではありませんので、どんなことをする診療科なのか、いまいち具体的に思い浮かばないかもしれません。放射線科といって思い浮かぶのは、がんの放射線治療でしょうか?放射線治療も放射線科が行うことのひとつですが、それ以外にも放射線科が行うことはたくさんあるんです。放射線科の診療は、主に3つの部門に分かれます。1つ目が放射線診断部門です。放射線診断には、CTやMRI、レントゲンなどの画像診断のほかに、IVR(血管内治療、カテーテル検査)を用いての血管塞栓術による緊急止血、ステント留置による血管拡張術のほかに血栓溶解や肝細胞がんの治療などを行います。2つ目...
続きはコチラ

放射線科への適性と必要スキル、放射線科の選び方と給料アップ法

放射線科に向いている人、必要なスキル放射線科に向いている人はどんな人でしょうか?放射線科は、たくさんある診療科の中でも進歩が著しい診療科です。IVRは応用が利きますので、その分IVRで治療できるものがどんどん増えています。また、陽子線治療や重粒子線治療などいわゆる先進医療も放射線科では行われているんです。次々に新しい医療知識や技術が導入されてきますので、放射線科の看護師は、常に勉強を続けていかなければいけません。また、放射線科はたくさんの診療科の患者さんが訪れるところですので、疾患や治療法に関する幅広い知識も必要となります。そのため、放射線科の看護師は、向上心がある人や好奇心旺盛な人が向いてい...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る