小児科の特徴と適性・小児科の選び方と給料アップの方法|【診療科別】給料・年収・待遇のアップの秘訣|看護ラボ kango-labo.com

小児科の特徴と適性・小児科の選び方と給料アップの方法記事一覧

小児科の特徴・看護業務の内容・メリットについて

小児科の特徴小児科は、その名のとおり「小児=子供」を専門に扱う診療科です。成人対象の診療科の場合、最低限「内科」と「外科」に分かれていて、さらに臓器や部位によって細分化されています。でも小児科の場合は、小児科と小児外科に分かれているところもありますが、基本的には内科系疾患も外科系疾患も「小児科」で診ることがほとんどです。また、対象年齢も新生児から中学生まで(子供の頃からの疾患の場合は高校生も)と幅広く、それぞれの発達段階によって、バイタルサインの正常範囲や薬剤の投与量、起こりやすい健康上の問題などが全く異なります。そのため小児科は、小児専門という狭い領域を扱うかのように思えますが、子供がかかる...
続きはコチラ

小児科勤務に向いている看護師・小児科の選び方・給料アップの方法

小児科に向いている人、必要なスキル小児科に向いているのは、やはり子供が好きな人です。毎日子供と接しますし、しかもその子供は病気や怪我で苦しみ、治療が嫌で泣き叫び、暴れることもありますので、子供が好きでないと小児科で仕事は勤まりません。逆に言うと、子供が好きであることが、小児科の看護師に一番必要なスキルと言えるでしょう。そのほか、手先の器用さも求められます。一般的な大人用のものに比べて、小児用の医療器具は全てが小さく、それを使用するのは慣れるまでとても大変ですし、高いスキルが要求されます。また小児科にいると、点滴の針を固定しているテープなどに子供が喜ぶようなキャラクターの絵を描いたりすることも日...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る