外科の特徴と看護師の適性、役割、業務内容と給料|看護ラボ kango-labo.com

外科の特徴と看護師の適性、役割、業務内容と給料記事一覧

外科の特徴と看護師の業務内容と役割

外科の特徴外科というと、脳外科、心臓外科、整形外科、消化器外科等いろいろな外科がありますが、ここでは外科全般、一般外科についてご説明したいと思います。まず、外科の特徴といえば、やはり手術があることです。外科に入院する患者さんのほとんどが、手術目的で入院してきます。そのため、急性期の患者さんが多く、外科の分野で慢性期の疾患というのはほとんどありません。手術が終わり、創部が治癒すれば、元気になる人が多いですので、内科に比べると短期間で退院していき、在院日数が短い傾向にあります。また、外科は内科に比べて、患者さんの年齢層が幅広くなっています。虫垂炎などは子供から高齢者までかかる疾患ですし、近年は手術...
続きはコチラ

外科に勤務する看護師の適性とスキル、給料アップの方法

外科に向いている人、必要なスキル外科は処置が多いですので、各処置に必要な物品や手順、スキルなどを学ぶことができます。また、手術前後の患者さんもたくさんいるため、術後の全身管理のポイントや合併症についての知識が身につき、急変の対応にも強くなるでしょう。これらの知識や技術は、看護師として基本的な部分であり、内科ではなかなか身につけられないものですので、急性期ならではの看護知識・技術を身につけたい人は外科で働くことをおすすめします。また、外科は部屋持ちをしながらオペ前後の患者さんを受け持ちます。オペ出し、オペ戻りがある日は、突発的なことも多く、とても忙しくなります。そのため、業務内でしっかり優先順位...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る