呼吸器科の特徴・業務・看護師の適性と給料アップ法|看護ラボ kango-labo.com

呼吸器科の特徴・業務・看護師の適性と給料アップ法記事一覧

呼吸器科の特徴・看護師の業務内容・やりがい

呼吸器科の特徴呼吸器科は気管、気管支、肺、胸郭など呼吸に関わる臓器を治療する診療科です。呼吸器科は、呼吸器内科と呼吸器外科に分かれていることもありますが、ここでは「呼吸器科=呼吸器内科+呼吸器外科」としてご紹介したいと思います。人間は酸素を取り込んで二酸化炭素を排出しなければ生きていくことができませんので、呼吸器科はとても重要な診療科ですし、高齢者の増加に伴って、さらに需要は高まっています。肺がんはがんの部位別死亡率で男性1位、女性2位となっています。また呼吸器科の代表的な疾患といえる肺炎は、日本人の死因の第3位となっています。そして、ここ数年で注目が高まっている呼吸器の病気がCOPDです。C...
続きはコチラ

呼吸器科への適性・必要スキル・職場の選び方・給料アップ法

呼吸器科に向いている人、必要なスキル呼吸器科に向いているのは、患者さんの立場に立って考えられる人、患者さんに寄り添える人です。ちょっと考えてましょう。呼吸が苦しいのって、とてもつらいですよね。呼吸が苦しいのは、痛みよりもつらいと言われています。呼吸が苦しいと、食事をする気にならないですし、眠ることもできません。そのような患者さんのつらさ、苦しさをしっかり理解して、寄り添うような看護が呼吸器科では要求されます。また、感染予防の意識が高い人も呼吸器科に向いています。呼吸器は鼻や口から吸い込んだ菌が直接気管や肺に入りますので、感染を起こしやすい臓器です。MRSAなどの院内感染の原因菌でも肺炎になりや...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る