口腔外科の特徴と看護師の業務・役割・適性、給料アップ法|看護ラボ kango-labo.com

口腔外科の特徴と看護師の業務・役割・適性、給料アップ法記事一覧

口腔外科の特徴、看護師の業務・役割

口腔外科の特徴口腔外科とは、どんな疾患を治療するのか具体的なイメージが湧きますか?口の中の治療をするというと、歯科を思い浮かべる人も多いと思いますが、歯科と口腔外科の違いはわかりますか?口腔外科で扱う疾患には、舌癌や歯肉癌などの悪性腫瘍や顎や顔面の骨折や外傷、顎関節症、口唇口蓋裂などがあります。口の中や顎周辺の疾患の全てが口腔外科の領域と考えて良いでしょう。そして口腔外科では、上記の疾患以外に虫歯や歯周病、歯牙欠損なども扱うんです。歯科の領域と重複している部分も多いため、口腔外科のドクターは、「医師」ではなく「歯科医師」であることがほとんどです。「口腔外科」ではなく「歯科口腔外科」という看板を...
続きはコチラ

口腔外科への適性と必要なスキル、職場の選び方と給料アップ法

口腔外科に向いている人、必要なスキル口腔外科に向いている人は、気配りができたり、相手の要望を先回りして考えてあげられる人です。口腔外科の患者さんは、口や顎周辺の疾患で食事や会話、発音に問題を抱えている人が多いですので、疾患によるストレスがとても大きいんです。「この患者さんは食事ができない、じゃあどうやってそのストレスを和らげられるか?」、「会話が難しい患者さんは、どういうコミュニケーション方法が一番適しているか?」などをその患者さんの状況や性格などを考慮して、患者さんから要望が出る前に行動すると患者さんのストレス軽減につながります。また、口腔外科は治療の中心的存在である歯科医師以外にも、看護師...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る