看護研究もまた楽しい!


看護研究はとても楽しかったです!残業時間以外にすることが出来たのは恵まれていますね!中規模以上の病院なら、毎年行われる冬の厄介行事。
それは、看護研究。

先日私もやっと書き終えたばかりです。
まるで、お腹の中で大切に育てた子供を、産み落とすのに似た気持ちが込み上げてきます。
出来上がった研究は、私にとって、宝物で、大切なものです。

あんな辛い作業を良く頑張ったな。この研究結果は、患者さんのために有益なものになった。
と、自分をほめています。

看護研究は、多数のナースが苦手意識を持っていると思います。
その理由として、通常の業務を終わらせて、
サービス残業という奉仕と慈善の領域で、行わなければいけないからだと思います。

臨床に看護研究が根付かないのは、このような負担が大きすぎるからだと研究を読んだ事があります。

幸運にも、現在の私の職場環境は、通常の業務時間内で研究活動の時間が取れます。
研究のための残業は、ほとんどしませんでした。
もちろん、家に持ち帰って、行ったこともありましたが、それは、嫌々ではなく、やりたくて、楽しくてやったという感覚です。また、来年も研究しても良いとすら思っています。

そのような環境と、周りのスタッフの協力・配慮に感謝しています。

しかし、私のような環境の施設はほとんどないかと思います。
今後、看護を発展させたいのであれば、もっと、時間的余裕を持たせることが大切だと思います。

いつか、そんな時代になり、厄介行事から歓迎行事になる事を望みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>