ERの勤務体制やER勤務に向いている性格|看護ラボ kango-labo.com

MENU

ERの勤務体制やER勤務に向いている性格

ERの勤務体制

ERの勤務体制の特徴は、看護師のスタッフ数が日勤と夜勤で変わらないという点です。一般病棟だと、夜間帯は基本的に処置や清潔ケアなどは行いませんので、日勤に比べて夜勤スタッフは半分以下になりますよね。

 

でも、ERは24時間365日いつでも重症の患者さんを受け入れられる状態にしておかなくてはいけないので、日勤も夜勤も看護師の数が変わらないんです。

 

深夜に急病や事故で患者さんの受け入れ要請が来ても、「スタッフが足りないので受け入れできません」では、ERの存在意味がないですよね。

 

日勤と夜勤のスタッフ数が変わらないということは、夜勤の回数が増えるということです。ERで勤務すると、日勤より夜勤の回数が多いことも珍しくありません。

 

夜勤の回数が多いと、「夜勤72時間ルールは?」と疑問に思うかもしれませんが、ERは72時間ルールが適用外になります。ERにも72時間ルールを適用してしまうと、いくら看護師がいても足りなくなってしまうからですね。

 

ERは忙しいのか?

毎日24時間忙しい?

ERというと、いつも忙しく、バタバタしているというイメージはありませんか?毎日昼夜問わず重症の患者さんが次から次へと搬送されてきて、息つく暇もないというのが一般的なイメージだと思います。

 

では、実際はどうなのでしょうか?

 

実際のところは、忙しい時とそうでない時の差が大きいようです。1日に何件も重症者が運ばれてきて、さらに病棟では急変が起こることもありますし、病棟に重症者はおらず、救急車が1件も来ないこともあります。忙しさに差があるのは、一般病棟と同じですね。

 

残業が少なく、休みが取りやすい

また、ERの特徴としては残業が少ないことと休日が確保しやすいという点があります。これも意外に思う人が多いかもしれません。

 

ERは日勤と夜勤の人数が同じですので、勤務時間が終われば、業務を丸々引き継ぐことが可能です。そのため、ERは基本的に残業は少なく、重症者の搬送や急変が重なって、どうしても人手が足りない時のみ残業があります。

 

一般病棟だと人手不足のため、規定の年間休日を消化できないこともありますよね。でも、ERはその特性上、常に人員を確保しておく必要がありますので、スタッフが優先的に補充されやすいんです。そのため、人員不足になることはあまりなく、年間休日もしっかりと消化でき、場合によっては有給消化もできます。

 

忙しいイメージのあるERですが、実際は思ったよりも働きやすい職場と言えるかもしれませんね。

 

ERに向いている性格

勉強熱心・好奇心旺盛

では、ERで働くにはどのような性格の人が向いているのでしょう?

 

ERでは、常に先進的で高度な医療が行われていますので、次々に新しい医療機器や知識、技術が導入されていきます。また、診療科も多岐に渡りますので、一般病棟で働くよりも、幅広い知識が要求されます。

 

そのため、ERで働くなら、ずっと勉強し続けなければいけません。看護師である以上、勉強を続けていくことは必要ですが、ERの場合は一般病棟よりも、多くの勉強量が求められます。

 

忙しい勤務の中で勉強を続けていくには、好奇心旺盛な性格でなければいけません。「なぜ?どうして?」と色々なことに興味を持ち、「それを知りたい、勉強したい。」と思わないと、勉強を継続していくのは難しいと思います。

 

落ち着いて、マイペースを保てる

また、落ち着いてマイペースを保てることも重要です。ERは生命の危機に瀕している患者さんが運ばれてきますので、治療は一刻一秒を争うこともあります。特に、初療はその傾向が強く、どうしてもバタバタと慌しい中で治療が進んでいきます。

 

でも、その慌しい雰囲気に呑まれて、自分も必要以上に慌てたり焦ってしまうと、ミスが多くなります。ERの場合、看護師のちょっとしたミスが患者さんの命に直結してしまうことも多々あります。もちろん、テキパキと動く必要はありますが、ある程度マイペースを保って、落ち着いて仕事をし、ミスをしないように注意しなければいけません。

 

また、看護師の焦りは、患者さんや家族にも伝わり、不安にさせてしまいます。ERに搬送されてきたというだけで、患者さんやその家族は不安でいっぱいですし、混乱している状態です。看護師の落ち着いた態度が、その不安を和らげる手助けとなりますので、ERの看護師は落ち着きと適度なマイペースさが要求されます。

 

「好奇心旺盛」、「落ち着き」、「マイペース」な性格が向いているERですが、これらはあくまで「向いている」ものですので、これに当てはまらない人はERに向いていない、ERで働けないというわけではありません。

 

むしろ、ERで働きたい人は、これらの性格を意識しながら働くと良いのではないかと思います。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>