血液内科に向いている看護師・血液内科の選び方・給料アップ法|【診療科別】給料・年収・待遇のアップの秘訣|看護ラボ kango-labo.com

MENU

血液内科に向いている看護師・血液内科の選び方・給料アップ法

血液内科向いている人、必要なスキル

血液内科には、長期入院や再入院を余儀なくされ、さらに放射線療法や化学療法を行い、そのつらい副作用に苦しむ患者さんが多く、精神的なストレスや将来への不安を抱えている人がたくさんいます。

 

そのため、血液内科で働く看護師は、そのような患者さんの気持ちに共感し、寄り添うことで、精神的なケアをしていく必要があります。患者さんの精神的なケアは難しいですが、看護の基本である傾聴・共感は、血液内科の看護師にとって重要なスキルです。

 

何か不安なことがあっても、自分の話を聞いてもらうだけで、精神的に楽になることがありますよね。忙しい業務の中でも、患者さんの話をしっかり聞くことが精神的なケアにつながります。

 

また、血液内科の疾患や検査、治療は、ほかの診療科と比べて専門性が高く、血液内科特有のものが多いという特徴があります。そのため、ほかの診療科で長年勤めてきたベテラン看護師でも、血液内科では一から勉強しなくてはいけないことも多々ありますので、好奇心旺盛で勉強することを苦に思わない人が血液内科に向いていると言えるでしょう。

 

具体的な看護スキルとしては、点滴ルートの確保(静脈注射)が得意な人が向いています。抗がん剤のルート確保は、医師が行う病院も多いのですが、看護師が行う病院もあります。

 

抗がん剤が血管外に漏れてしまうと、一般的な点滴が漏れた場合とは異なり、組織の炎症や壊死を起こし、ひどい時は外科的処置が必要になることがあります。また、抗がん剤治療をする期間は、何回もルートの取り直しをする必要がありますし、抗がん剤で血管が脆くなり、ルートが取りにくくなることもありますので、血液内科の看護師は点滴ルート確保の高いスキルが求められます。

 

どんな血液内科がおすすめ?

血液内科は専門性が高く、高度な治療が行われ全身管理が必要となりますので、小規模病院やクリニックには血液内科はほとんどなく、基本的に大学病院や大きな総合病院のみとなり、それほど数は多くありません。

 

その中で、血液内科を選ぶ基準としては、施設設備や疾患の症例数、骨髄移植(造血幹細胞移植)などがあります。大きな病院ですから検査機器やICUなどの設備は整っているところがほとんどですが、無菌室や準無菌室は何床あるのかによって、免疫抑制療法や骨髄移植がどのくらい頻繁に行われるのかが決まってきます。

 

また、その血液内科に在籍する医師の専門分野によって、血液内科の疾患の中でも骨髄やリンパ球の腫瘍が多いのか、貧血系疾患が多いのかなど取り扱う疾患の数や割合が変わってきます。

 

また、骨髄移植の症例数も病院によってかなり差があり、骨髄バンク認定施設かどうかによっても異なります。

 

血液内科で扱う疾患の中でも、興味のある疾患がある人や骨髄移植の看護をしてみたいという人は、上記のようなポイントを考慮して血液内科を選ぶと良いでしょう。

 

血液内科の給料と給料アップ方法

血液内科で働くと、お給料はどのくらいもらえるのでしょうか?血液内科の職場はほとんどが病棟となりますので、夜勤手当などを含めると25万円〜30万円が相場となります。もちろん、この額は地域や施設によって異なります。

 

病棟での日勤常勤やフォローアップのための外来で働いた場合は、20万円〜25万円になるでしょう。

 

血液内科特有の手当などはありませんので、看護師の全国平均の年収である約470万円を目安にして職場を選ぶと良いでしょう。

 

ただ、血液内科で働く場合、大きな病院に勤めることになります。大病院は小規模病院やクリニックよりお給料が高めに設定されていることが多いですので、全国平均よりはちょっと高めのお給料をもらえるかもしれません。

 

血液内科での給料アップ方法は、とにかく専門性を高めることです。給料の良い病院の血液内科に転職するという方法もありますが、血液内科の求人数は少ないので、ほかの診療科に比べると、転職による給料アップはあまり期待できません。

 

それなら、まずは専門性を高めて、血液内科での看護のエキスパートになったほうが良いでしょう。血液内科のエキスパートになれば、それだけ職場に貢献することができ、その貢献を認められれば、昇進・昇給のチャンスがやってきます。

 

血液内科で役立つがん化学療法看護の認定看護師やがん放射線療法看護の認定看護師の資格を取得するのが最良ですが、実際には認定看護師の資格取得は、なかなか難しいという現実がありますので、院内外の研修に積極的に参加することなどで、スキルアップしていきましょう。

 

血液内科での経験を積み、エキスパートとなれば、その実績を認められて、次に別の病院の血液内科に転職する時にも有利になるでしょう。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

【看護ラボ kango-labo.com】 トップページへ

血液内科に向いている看護師・血液内科の選び方・給料アップ法関連ページ

血液内科の特徴と看護師の仕事内容と役割