美容皮膚科の特徴、看護師の仕事、適性・スキル、給料アップ法|看護ラボ kango-labo.com

MENU

美容皮膚科の特徴、看護師の仕事、適性・スキル、給料アップ法

美容皮膚科は肌をきれいに美しくすることを目的にした診療科です。

美容皮膚科の特徴

美容皮膚科は、美容・美肌に特化した皮膚科ですので、皮膚疾患を治すのではなく、肌をきれいに美しくすることを目的にした診療科です。

 

そのため、美容皮膚科は保険診療ではなく自由診療になります。この自由診療であることが、美容皮膚科の最大の特徴と言って良いでしょう。患者さんは健康保険を使うことはできず診療料金は患者さんが全額負担しなければいけません。

 

また、自由診療であるため、美容皮膚科では患者さんはお客様として扱う必要があります。

 

そして、保険診療の病院やクリニックとは違い、美容皮膚科を訪れる患者さんは、肌や外見にコンプレックスを抱えているものの、基本的に健康であることも美容皮膚科の特徴になります。

 

美容皮膚科の看護師の業務内容

美容皮膚科の看護師は、医師の診療の補助を行うほかには、各種の注射や医療用レーザーの取り扱いが主な仕事になります。

 

美容皮膚科では、ニンニク注射やプラセンタなどの美容注射や美容点滴を行うことが多いので、看護師は筋肉注射や静脈注射、点滴のルート確保などの注射に関する業務が多くなるんです。

 

また、医療用レーザーの操作も美容皮膚科の看護師の仕事です。美容皮膚科では医療用レーザーを使って脱毛を行いますが、医師の指示のもとに看護師が行うことが多いんです。

 

医療用レーザーは一般的な診療科では使いませんから、美容皮膚科ならではの仕事と言えるかもしれません。

 

また、美容皮膚科では看護師が患者さんのカウンセリングを行うこともあります。医師の診療の前に患者さんの悩みやコンプレックスを聞き出し、その悩みを解決できる施術を提案したり、そのクリニック独自のドクターズコスメを勧めたりするんです。

 

美容皮膚科で働く看護師のメリットとデメリット

美容皮膚科で働く看護師のメリット

美容皮膚科で働くと、どんなメリットとデメリットがあるのかを確認しておきましょう。まずは美容皮膚科で働くメリットからです。

美容皮膚科は給料が高い

美容皮膚科で働くメリットの1つ目は、給料が高いことです。美容皮膚科は自由診療ですので、普通のクリニックよりも給料が高めになります。

 

どんな美容皮膚科で働くかによっても給料は変わりますが、一般のクリニックの給料の相場+5万円が目安になります。一般のクリニックよりも5万円程度高いということは、夜勤ありの給料と同じ程度ということです。日勤のみで夜勤ありと同じ程度なら、「高収入!」と言えますよね。

 

プライベートの時間が多く取れる

美容皮膚科のメリットの2つ目は、プライベートの時間をしっかり確保できることです。美容皮膚科クリニックは日勤のみの勤務になりますので、夜勤がなく規則正しい生活を送ることができます

 

しかも、美容皮膚科は予約診療のところが多いので、1日の来院患者数が決まっていますので、突然患者さんが多数押し寄せるということもなく、基本的に定時退勤することができるんです。

 

日勤のみで残業少なめだったら、プライベートの時間をしっかり確保して、仕事とプライベートのメリハリをつけることができますね。

 

精神的、身体的に楽

美容皮膚科の3つ目のメリットは、体力的にも精神的にも楽なことです。美容皮膚科では立ち仕事ではあるものの、力仕事はありませんので、体力的には比較的楽になります。

 

また、基本的には健康な人が患者さんになりますので、「命を預かっている」というストレスはありません。また、美容皮膚科は美容外科のようなノルマがないことが多いので、精神的にも楽に働けるんです。

 

自分もキレイになれる

美容皮膚科の4つ目のメリットは、自分もきれいになれることです。美容皮膚科は美の最先端の治療を行いますので、医学的に認められた最新美容情報を入手することができます。

 

また、施術を社割料金で利用できたり、ドクターズコスメを安く買えたりするのでお得なんです。

 

美容皮膚科で働く看護師のデメリット
病棟への転職が困難に

次は、美容皮膚科のデメリットを考えていきましょう。美容皮膚科で働くデメリットの1つ目は、注射以外の医療行為がないため、病棟に転職しにくいことです

 

美容皮膚科は患者さんが健康ですし、注射以外の医療行為がありませんので、「病棟に転職しよう」と思っても、難しい場合があるのです。

 

美容皮膚科から病棟への転職は絶対に無理というわけではありませんが、転職直後は仕事についていけずに苦労する可能性が高いでしょう。

 

接客サービスが求められる

美容皮膚科のデメリット2つ目は、接客業のような接遇が求められることです。美容皮膚科は患者さん=お客様ですから、保険診療の病院やクリニックで患者さんに接するよりも丁寧に接しなければいけません。

 

そうすると、「私って看護師のはずなのに、デパートの美容部員みたい」と思えてきて、美容皮膚科での仕事に疑問を抱く場合もあります。

 

美容皮膚科に必要なスキル、向いている人

美容皮膚科の看護師に必要なスキルは、コミュニケーションスキルです。

美容皮膚科に必要なスキルは、コミュニケーションスキルです。

 

美容皮膚科では肌や外見にコンプレックスや悩み持っている患者さんが来院します。そして、看護師はその悩みを理解し、それを解決できる施術を提案する必要があります。

 

また、施術に対する不安を取り除くことも、美容皮膚科の看護師の仕事です。そのため、美容皮膚科の看護師は「聞き上手」であり「話し上手」である必要があるんです。

 

そして、美容皮膚科の看護師は美容に興味を持っていなければいけません。あなたが美容皮膚科の患者さんだったら、肌がきれいで美容に気を使っていそうな看護師さんがいる美容皮膚科と、肌荒れがひどくて髪の毛はボサボサの看護師さんがいる美容皮膚科では、どちらを受診したいと思いますか?

 

当然、肌がきれいで美容に気を使っている看護師さんがいる美容皮膚科ですよね。美容に気を使っている看護師さんがいる美容皮膚科なら、「私もあんな風なきれいな肌になりたい」と思えますし、そのクリニックへの信頼感が増します。

 

また、美容に興味を持っていると、患者さんとの美容に関する共通の話題で会話が弾むというメリットもあります。

 

美容皮膚科で働くからといって「美人」である必要はありません。でも、パッと見ただけで、「美容に興味を持っている人だな」とか「きれいにしている人だな」と思われるようにしておく必要があるんです。

 

どんな美容皮膚科がおすすめ?

美容皮膚科で働きたい場合、どんな美容皮膚科を選べば良いのでしょうか?もし、できるだけ稼ぎたい、給料は高いほうが良いという場合は、美容外科が併設されている美容皮膚科を選んでください

 

美容外科は美容皮膚科の施術よりも大がかりで高額なものが多いので、美容外科の利益率は高いんです。クリニックの利益が多ければ、看護師の給料も高くなりますよね。

 

また、保険診療の看護もしたい、病気の人の看護もしたいというのであれば、保険診療の皮膚科も診療している美容皮膚科で働くと良いでしょう。

 

そうすれば、保険診療の皮膚科の患者さんの看護もできますし、美容皮膚科の仕事もできますよ。

 

美容皮膚科の給料と給料アップ方法

美容皮膚科の給料の目安は、地方によって差はありますが、月収27〜30万円が目安になります。また、人気があり儲かっている美容皮膚科だったら、ボーナスがたくさん出ますので、年収は450〜500万円程度を期待できるでしょう。

 

美容皮膚科で給料をアップさせるには、美容外科併設の美容皮膚科を選ぶのが一番手っ取り早い方法です。

 

また、美容皮膚科で役立つ資格を取って、業務に活かすというという方法もあります。公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターなどのネイリストの資格を取ると、患者さんとの会話に花が咲きます。

 

また、一般社団法人日本エステティック協会一般社団法人日本エステティック業協会のエステティシャンの資格や、一般社団法人JMAの日本メイクアップ技術検定を受けてメイクアップアーティストの資格を取ると、患者さんに美肌作りや肌のコンプレックスを隠すメイク法のアドバイスができます。

 

これらの資格は給料アップに直結するわけではありませんが、仕事に活かしていけば、給料アップにつながることもあるでしょう。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>