美容外科の特徴、仕事内容、メリットとデメリット|看護ラボ kango-labo.com

MENU

美容外科の特徴、仕事内容、メリットとデメリット

美容外科の特徴

健康でも美容面で悩みのある患者さんが美容外科に来ます

美容外科の特徴は、何と言っても自由診療を行っていることです。一般的な病院やクリニックは保険診療ですよね。患者さんは保険証を提示すれば、医療費の自己負担は3割で済みます。そして、病院の収益となる診療報酬(診療費)は、厚生労働省によって細かく決められています。これが保険診療です。

 

でも自由診療の場合、医療費は全額自己負担となります。そして、診療費は病院やクリニックが独自に設定できるんです。つまり、美容外科は質の高い医療や施術を提供できる自信があれば、料金設定を高くして利益を増やすことができるというわけです。

 

美容外科の特徴の2つ目は、患者さんは病人やけが人ではないことです。美容外科に来る患者さんは、健康状態が悪いわけではありません。健康状態は良いものの、美容の面でコンプレックスを持っていて、それを改善したい人が美容外科にやってきます。

 

美容外科は近年需要が高まり、クリニック数・医師数共に増加傾向にあります。

 

美容外科の看護師の仕事内容

美容外科の看護師の仕事内容は、一般のクリニックの看護師と同じように器具の洗浄・滅菌や受付、採血、その他雑務などがありますが、そのほかに美容外科に特徴的な看護師の業務内容をご紹介します。

 

1つ目は手術介助です。美容外科は美容整形外科とも呼ばれています。つまり、整形手術をして一重を二重にしたり、豊胸したり、脂肪吸引をしてコンプレックスを治すんです。

 

そのため、美容外科の治療・施術内容は手術が中心となります。そうすると、自動的にそこで働く看護師の仕事内容は手術介助が中心になりますよね。美容外科の場合、一般の病院に比べると「大手術」ではありませんが、看護師は器械出しや外回り、麻酔下での全身管理などを行います。

 

もう1つの美容外科での特徴的な看護師の仕事にカウンセリングがあります。美容外科でのカウンセリングは、患者さんが感じているコンプレックスを解消するためには、どんな施術を行うのが最適かなど、患者さんの抱える悩みを聞きだしながら、それに合う治療法や施術を提案します。

 

また、治療や施術への不安を解消するなど精神的なケアを行うことも、美容外科の看護師の仕事になります。

 

美容外科のメリットとデメリット

美容外科の看護師の給料は高くなっています

美容外科で働くメリットは、日勤のみでお給料が高いことが挙げられます。普通は日勤のみの勤務だと月収20〜25万円になることが多いですよね。

 

でも、美容外科の場合は自由診療でクリニックの利益が大きいので、その分スタッフである看護師の給料も高くなります。美容外科クリニックの場合、月収30万円以上と高収入のことがほとんどです。

 

日勤のみの勤務なのに、夜勤に入るのと同じ位稼ぐことができるのは、美容外科の大きなメリットですね。

 

美容外科のデメリットは、接遇が厳しいこととノルマが課せられる場合もあることです。美容外科の患者さんは健康状態が悪いわけではありません。コンプレックスを治しにくるお客様です。

 

「患者さん=お客様」ですから、そこで働く看護師は接客業のように接遇を厳しく指導されます。一般的な病院やクリニックで働いていた看護師さんにとっては、最初はちょっと違和感を感じるかもしれません。

 

またノルマを課せられることもあります。看護師なのにノルマ?と思いますよね。美容外科は自由診療、つまり利益を追求する企業という一面を持ちますので、看護師にもノルマが課せられることがあるんです。

 

ノルマの内容は新規施術の契約件数だったり、美容関連の器具や化粧品の売り上げなどです。ノルマが達成できれば、その分ボーナスが増えるなどのメリットはありますが、やはりノルマの達成をプレッシャーに感じる看護師さんは多いようです。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>

美容外科の特徴、仕事内容、メリットとデメリット関連ページ

美容外科への適性、職場選びと給料アップ法