看護師の目標としての年収800万円|看護ラボ kango-labo.com

MENU

看護師の給料の目標としての【年収800万円】

看護師の給料は男性サラリーマン以下であり、決して高くはないのです。

看護師の平均年収は?

看護師は給料の良い職業と言われていますが、実際の平均年収はどのくらいかご存知ですか?

 

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、平成27年の看護師の平均年収は478万3,100円(月給32万9,200円、ボーナス83万2,700円)となっています。

 

国税庁の平成26年分民間給与実態統計調査によると、平成26年の正規雇用のサラリーマンの平均年収は477万7,000円ですので、看護師は一般のサラリーマンとほぼ同じだけ稼げる職業であることがわかります。

 

でも、サラリーマンの平均年収477万7,000円は男女を合わせた平均額であり、男性サラリーマンだけに限ってみると、平均年収は532万3,000円なんです(女性の平均は359万3,000円)。

 

つまり、看護師の給料は男性サラリーマン以下であり、決して高くはないのです。

 

看護師は国家資格の専門職であり、夜勤もあるため生活は不規則、しかも体力的にも精神的にもハードな仕事なのに、男性の一般サラリーマンよりも年収が低いなんて、ちょっとおかしいと思いませんか?

 

このような具体的な数字を見ると、お給料に不満を持っている看護師さんが多いのもうなづけますよね。

 

看護師の目標として年収800万

看護師はハードで責任の重い仕事なのに、男性の一般サラリーマンよりも給料が安いため、給料と仕事内容が見合っていないと考える看護師さんは多いと思います。

 

看護師の仕事は嫌いじゃないけれど、給料が安いため一生続けていこうか迷っている人もいるのではないでしょうか?

 

確かに、看護師の平均年収は高くありません。でも、平均年収478万3,100円という額は、あくまで「平均」です。つまり、これ以上もらえる可能性も十分にあるのです。

 

看護師という職業での最高年収は800万円と言われています。

 

もちろん、ずば抜けた能力がある人はそれ以上稼ぐことも可能かもしれませんが、現実的に達成可能な年収は、やはり800万円程度でしょう。

 

扶養家族の有無などにも左右されますが、年収が800万円だと手取りの年収は600〜650万円(月収40〜43万円、ボーナス120万円前後)となります。

 

手取りで月給40万円だったら、「看護師の仕事も悪くない」、「仕事内容に見合っている」と思いませんか?

 

ただ、年収800万円を稼ぐのは簡単なことではありませんし、年収を意識せずに働いていたら達成不可能な額です

 

どうやったら看護師が年収800万円を達成できるのか、その方法をご紹介します。

 

年収800万円を目指す=看護部長や私立の大学病院の看護師長

年収800万円を目指すなら看護部長を目指しましょう。

年収800万円を目指すなら、看護部長を目指しましょう。

 

看護部長になれば、年収800万円を達成することができます。また、私立の大学病院なら、看護部長ではなく看護師長でも年収800万円を稼ぐことができます

 

看護部長や私立の大学病院の看護師長の具体的な年収

日本看護協会の「2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査」によると、看護部長の平均基本給は42万7,573円です。これに各種手当がつくと、月収は55万円程度になるでしょう。

 

55万円×12ヶ月=660万円です。さらにボーナスを3.5ヶ月分と仮定するとボーナスは149万6,505円です。660万円+149万6,505円=809万6,505円となります。

 

この金額からわかるように、看護部長になれば、看護師は年収800万円を稼ぐことが可能なのです。

 

ちなみに、これは看護部長の平均年収ですので、待遇の良い病院で看護部長になれば、さらに高収入を得ることができます

 

一例として、国立病院機構の病院の看護部長は約900万円となっています。国立病院機構で看護部長になれば、年収900万円!夢は広がりますね。

 

また、私立の大学病院の看護師長も年収800万円を稼ぐことが可能です。

 

私立の大学病院の看護師長の平均基本給は45万3,169円です。この金額を見ればわかりますが、看護部長の平均基本給よりも、私立の大学病院の看護師長のほうが給料が高いんです。

 

ということは、私立の大学病院の看護師長になれば、年収800万円を突破できるのです。

 

私立の大学病院を含めたすべての病院の看護師長の平均基本給37万949円ですから、いかに私立の大学病院の看護師長の基本給が高いかがわかりますね。

 

看護部長や私立の大学病院の看護師長になる方法

看護部長になるにはどうすれば良いのでしょう?

 

管理職は誰でも就けるものではありません。看護師の管理職は、強い責任感やリーダーシップだけでなく、業務やスタッフの管理、勤務体制の調整、スタッフの育成、病床管理などの能力も求められます。

 

特に看護部長の場合は管理職の中でも上に立つ立場であり、その病院で働く看護師のトップですので、主任や看護師長よりも更にリーダーシップや決断力が必要になります。

 

さらに病院の経営にも携わることもありますので、広い視野を持っていなければいけません。

 

看護部長になるためには、まずは主任や看護師長などの管理職にならなくてはいけません。

 

管理職になるには、看護管理に関する研修に積極的に参加し、管理職に必要なスキルを身につけましょう

 

高待遇と言われる大学病院や大きな総合病院であれば、院内研修が充実していますので、看護管理の研修も催されていると思います。

 

私立の大学病院の看護師長になるには、私立の大学病院に転職し、そこで看護管理に必要なスキルを身につけましょう。

 

看護管理に関する院内研修や外部研修を受けて、主任などの管理職に就いたら、次は院内研修等を受講しつつも、看護師長や看護部長に認定看護管理者のファーストレベルの研修を受講したいことをアピールする必要があります。

 

認定看護管理者とは、看護管理者の資質と看護水準の維持及び向上を目的として作られた資格で、教育課程はファーストレベル、セカンドレベル、サードレベルの3段階に分かれています。

 

ファーストレベルは約3ヶ月、合計150時間もの講習を受ける必要がありますので、働きながら受講するには、シフトを調整してもらうなど、職場の協力が必要不可欠になります。

 

認定看護管理者のファーストレベルの研修を修了すれば、師長の座が見えてきます。

 

また、師長として経験を積んでセカンドレベル、サードレベルを受講する道も開けてきますので、管理職として昇進しやすくなるのです。

 

看護部長は病院に1人しかいないので、看護部長まで昇り詰めるのは難しいかもしれません。また、私立の大学病院で看護師長になるのも狭き門です。

 

それでも今から準備をして、必要な研修を受け、資格を取得しておけば年収800万円を稼ぐことができるはずです。

 

認定看護管理者の資格は日本看護協会が認定しています。「認定看護管理者ってどんな看護師?」(日本看護協会)

 

年収800万円を目指す=美容外科クリニック

看護師が年収800万円を目指すなら、美容外科クリニックに転職する方法もあります。

 

美容外科クリニックは自由診療のクリニックですので、クリニックの利益が多いため、保険診療のクリニックよりも看護師の給料は高めなのです。

 

ただ、本気で年収800万円を目指すなら、どこの美容外科クリニックでも良いというわけではありません。

 

年収800万円を目指すなら、営業ノルマがあり、営業成績が良ければインセンティブ(報奨金)を貰える美容外科クリニックで働きましょう。

 

営業ノルマがある美容外科クリニックは、看護師が患者さんのカウンセリングを行って、施術を提案し、施術の契約をしてもらうように営業をします。

 

これは看護業務とは言えませんが、この営業をすることで、美容外科クリニックの売り上げに貢献し、営業成績に応じてインセンティブをもらえるのです。

 

美容外科クリニックの中には月収50万円以上のところがあります。また、美容外科クリニックはボーナスも多めですので100〜150万円、これにさらにインセンティブが加われば、年収800万円を達成できます。

 

月収50万円×12ヶ月+ボーナス100〜150万円+インセンティブ50〜100万円で年収800万円となります。

 

美容外科クリニックの中には給与モデルとして年収1000万円を掲げているところもありますので、営業成績が良ければ、看護師が美容外科クリニックで年収800万円を稼ぐことは十分に可能なのです。

 

また、看護部長や私立大学病院の看護師長には今すぐなれるわけではありませんので、今すぐ年収800万円を稼ぐことはできませんが、美容外科クリニックは能力次第で、入職後すぐに年収800万円を稼ぐことが可能というメリットがあります。

 

年収800万円を目指す=臨床開発モニター(CRA)

臨床開発モニターなら年収1200万円以上稼ぐことも可能

 

看護師が年収800万円を目指すなら、臨床開発モニター(CRA)に転職するのも良いでしょう。

 

臨床開発モニターは厳密には看護師の仕事とは言えませんが、看護師経験を活かすことができる仕事です。

 

臨床開発モニターとしてキャリアアップしていけば、年収800万円どころか1200万円以上稼ぐことも可能なのです。

 

臨床開発モニターは製薬会社やCRO(受託臨床試験機関)に勤務し、新薬開発のための治験をモニタリングしたり、治験のデータを回収するなど製薬会社側の立場からサポートする仕事です。

 

臨床開発モニターに転職したばかりの頃は年収400万円前後ですが、看護師とは違い、経験を積んでキャリアアップしていけば、給料はどんどん上がりますので、年収800万円を超えることは十分に可能です。

 

給与水準の高いCROの中には、社員の平均年収が「837万円」と800万円を超えているところがあるんですよ。

 

ただ、臨床開発モニターとしてキャリアを積んでいくには、医学的・薬学的知識のほかに英語力も必須ですので、英語に自信がない人は、早めに英語の勉強を始めると良いでしょう。

 

看護師の年収800万円は意欲が最も大切

看護師が年収800万円を目指すなら、まずは看護部長や私立の大学病院の看護師長を目指すのか、美容外科クリニックでガッチリ稼ぐのか、臨床開発モニターとして頑張るのか、どの方法で800万円を稼ぐのかを決めましょう。

 

そして、それに向けて早目に準備を開始してください。管理職を目指すなら看護管理の勉強をしつつ、リーダーシップを磨いていく必要があります。

 

美容外科クリニックで稼ぐなら、美容に精通しつつも、コミュニケーションスキルを磨いて営業に活かしていきましょう。

 

臨床開発モニターは治験に関することを勉強し、英語力を高めてください。

 

そして看護師が年収800万円を目指すためには、何より意欲や、やる気が大切です。年収800万円を目指すんだという意欲が、仕事へのモチベーションを高め、年収800万円に一歩ずつ近づくことができるのです。

 

「年収800万円なんて、私には無理!」と決めつけずに、チャレンジしてみてはいかがですか?

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>