夜勤の72時間ルール|看護ラボ kango-labo.com

MENU

夜勤の72時間ルールを知っていますか?

診療報酬と夜勤時間

診療報酬とは?

診療報酬とは、保険診療の際に医療行為などの対価として支払われる報酬のことで、簡単に言うと、「病院の収入」です。この診療報酬は、厚生労働省によって細かく決められています。

 

2006年に7対1入院基本料が導入されてから、看護師不足が顕著になりましたが、この「7対1入院基本料」とは何かご存知ですか?7対1入院基本料とは、診療報酬に関する基準で、患者さん7人対し看護師1人を常時配置すれば、その分診療報酬が多くもらえるという制度です。

 

7対1入院基本料の条件を満たしていれば、入院患者1人につき1日1万5600円が算定でき、さらに入院期間が14日以内であれば1日4500円、15日から30日以内は1日1920円が加算されますので、14日以内の入院患者さんの場合、1日2万円が入院基本料として病院の収入になるわけです。

 

7対1入院基本料を満たせば、病院の収入が増えますので、どこの病院も必死になって看護師を確保して7対1入院基本料の条件をクリアしようとしているんですね。

 

夜勤72時間ルール

7対1入院基本料を満たすには、患者さん7人対し看護師1人を常時配置すること以外にも様々な条件があります。

 

その条件のひとつに「看護師の月平均夜勤時間は72時間以下」というものがあります。1か月の夜勤時間を72時間以下にするには、2交代制の場合は1回の夜勤が16時間前後ですので月4回、3交代制の場合は準夜勤、深夜勤共に1回8時間とすると月9回までとなります。

 

7対1の配置を守りつつ、月の夜勤時間を72時間以下に抑えることは、それだけ多くの看護師が必要となりますので、病院にとってこの72時間ルールはかなり厳しいものと言えるでしょう。

 

また、7対1入院基本料を満たしていない病院(10対1や13対1)でも、この72時間ルールは適用となり、守らなければ大幅な診療報酬減少につながります。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>