夜勤の72時間ルールの例外|看護ラボ kango-labo.com

夜勤の72時間ルールの例外

72時間ルールの例外は?

72時間ルールが適用されない病棟

「私が勤める病院は7対1の基準を満たしているのに、月に6〜7回も夜勤に入っている人がいる」と疑問に思っている人はいませんか?夜勤72時間ルールは、全ての病棟に適用されているわけではなく、例外として免除されている病棟もあるんです。

 

それは、救命救急センターやICU、NICU、HCUなどの集中治療系の病棟や回復期リハビリテーション病棟、緩和ケア病棟、認知症治療病棟などです。

 

一般病棟は日勤に比べて夜勤の看護師の数が少なくて済みますが、これらの病棟は昼夜問わず、同じ質を保った看護を行わなくてはいけませので、日勤と同程度の夜勤看護師の数が必要となります。そのため、72時間ルールが免除されているんですね。

 

夜勤専従は?

夜勤72時間ルールがあるために、2交代制の場合、月4回が夜勤の上限となっているのに、夜勤専従者は月10回程度夜勤に入っていますよね。これは、どういう事なのでしょう?

 

2006年に診療報酬が改定され、7対1入院基本料が導入された当初は、夜勤専従看護師は、72時間の2倍(144時間)を上限とすると定められていたのですが、2012年の改定で夜勤専従看護師の夜勤時間の上限は撤廃されました。

 

この措置は、「夜勤専従者でない人の夜勤を夜勤専従者が行うことにより、夜勤専従者以外が行う夜勤時間が少なくなる」ためと厚生労働省は説明しています。

 

この夜勤専従看護師の夜勤時間上限撤廃を受けて、病棟で月に1〜2人を夜勤専従者にし、月ごとにスタッフ間でローテーションして、他の看護師の72時間ルールを順守するという病院が増えています。

 

また、夜勤専従看護師の求人が増えているのも、このような理由があるためと考えられます。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

【看護ラボ kango-labo.com】 トップページへ

夜勤の72時間ルールの例外関連ページ

夜勤の72時間ルール
72時間ルールのメリットとデメリット

このページの先頭へ戻る