辛い夜勤を乗り切る方法|看護ラボ kango-labo.com

辛い夜勤を乗り切る方法記事一覧

体力的に辛い夜勤

不規則な生活が辛い病棟で働く看護師の悩みで多いのは、不規則な生活が辛いというものです。病棟で働いていると、どうしても夜勤に入らざるを得ないですよね。2交代制だろうと3交代制だろうと、夜勤がに入ると、どうしても生活が不規則になってします。「2日連続の日勤の次の日は夜勤、1日休んでまた日勤」、「2交代制での夜勤の翌日に日勤(明け日勤)」など勤務シフトで働いていると、生活リズムはグチャグチャになってしまいます。人間には、サーカディアンリズムという体内時計がありますので、その体内時計に反した生活を送っていると、睡眠障害が出たり、ホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れて、体調不良を起こしやすくなりま...
続きはコチラ

精神的に辛い夜勤

嫌なメンバーとの夜勤が辛い夜勤は、日勤に比べて看護師の人数が少なく、病床数によっては2人体制で夜勤をするという病棟もたくさんあります。少人数でいかに夜勤をスムーズに効率よく乗り切るかは、夜勤メンバーによるところが大きいんです。気の合う人や他人に気遣いができる人、進んで雑用をする人などがメンバーの場合は、仕事も早く終わりますし、ちょっとした休憩時間にも楽しく雑談ができて、気分転換ができるんです。それに比べて、苦手な人や嫌な先輩、最低限しか働かない人と一緒の夜勤の場合、仕事は進まないし、効率も悪い、ナースステーションの空気はどんよりと重くなります。ただでさえ、夜勤は体力的にも辛いのに、精神的にも辛...
続きはコチラ

辛い夜勤を乗り切るには

体力的な面での対策法不規則な生活が辛いという場合は、夜勤前日の就寝時間や夜勤前の起床時間、夜勤明けの過ごし方などを試行錯誤してみましょう。とにかく夜勤前はたくさん睡眠を取っておこうと考える人もいると思いますが、寝過ぎると体がうまく働かず、逆に辛くなるというケースもありますので、自分に合った睡眠時間や過ごし方を探してみてください。また、「夜勤に入ることが苦にならない」という同僚の過ごし方を参考にしてみても良いと思います。夜勤を乗り切るためには、夜勤中の仮眠時間の過ごし方もとても重要になります。睡眠のサイクルは90分です。そのため、仮眠時間は入眠時間も含めて100分程度取ると、すっきり起きられます...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る