夜勤なしの仕事でお給料はどうなる?|看護ラボ kango-labo.com

MENU

夜勤なしのお給料はどうなる?

夜勤なしの給与額

夜勤に入らず、日勤のみの勤務の場合、気になるのはお給料だと思います。看護師の給料は、夜勤手当が占める割合が高いんです。

 

日本看護協会も看護師の給料は基本給が少なく、夜勤手当や残業手当などの諸手当が占める割合が大きいことが看護師の給与の特徴の1つであるとしています。(看護職の仕事と給与の特徴 | 日本看護協会

 

2交代制の職場で、夜勤に月4回入っている4年目の看護師の給料内訳の一例を見てみると、基本給=20万5500円、夜勤手当=50000円、残業手当=12300円、その他手当=30000円で合計=29万7800円となります。

 

夜勤なしだと、このお給料から夜勤手当50000円がなくなるわけですから、月給は24万7800円となります。50000円の違いは、かなり大きいと思います。

 

夜勤に入らない分、お給料が減ってしまうのは仕方ないのかもしれませんが、身体的にも精神的にもハードな仕事で、しかも国家資格である看護師が、日勤だけだからといって一般の仕事と同じくらいのお給料だと納得いかないですよね。

 

夜勤なしでもお給料が良い職場

では、やはり夜勤をしないと、高収入を得るのは難しいのでしょうか?そんなことはありません!日勤のみでも、じっくり求人を探せば、夜勤をしていた時と同程度のお給料を得ることは可能です。

 

日勤のみでお給料が良い職場は、自由診療のクリニックや訪問看護です。自由診療のクリニックとは、保険適用外の診療を行っている美容整形や美容皮膚科、不妊外来などですね。

 

最近は、自由診療のクリニックが増えていますが、保険診療のクリニックと比べると、お給料が高いところが多いようです。ただ、接遇やマナーなどに厳しく、高いコミュニケーション能力を求められます。

 

訪問看護も日勤のみの仕事の割には、お給料は良い傾向にありますが、基本的に一人で在宅患者さんの自宅を周りますので、確かな看護技術や的確なアセスメント能力などが必要です。

 

また、訪問看護ステーションによってはオンコール当番があるところがあります。

 

オンコールがある訪問看護ステーションは、緊急時は深夜だろうと早朝だろうと出勤して患者さんの自宅へ急いで行かなければいけませんので、夜勤がないとはいっても、完全に日勤のみではないのです。

 

もちろん、完全に日勤のみの訪問看護ステーションもありますが、オンコールがある訪問看護ステーションのほうが給料は高めになっています。

 

自由診療のクリニックも訪問看護も、そのほかの日勤だけの職場に比べるとお給料は良いですが、その分必要なスキルが高いです。

 

でも、このような職場で働くことは、自分自身の看護スキルを上げる良いチャンスになりますので、仕事内容に興味があって、「夜勤には入りたくないけど、給料は高くないと嫌!」という人はトライしてみてはいかがでしょうか?

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>

夜勤なしの仕事でお給料はどうなる?関連ページ

夜勤に入りたくない理由
夜勤なしの職場