消化器科の特徴と看護師の仕事、適性、給料アップ法|看護ラボ kango-labo.com

消化器科の特徴と看護師の仕事、適性、給料アップ法

消化器科の特徴

消化器科はがんの他、消化器がうまく動かないことによる機能的な疾患も多い

消化器科というと、「消化器外科」と「消化器内科」に分かれることがありますが、ここでは「消化器科=消化器内科」としてご紹介したいと思います。

 

消化器科に多い疾患は、やはり「がん」です。食道がん、胃がん、小腸がん、大腸がん、膵臓がん、肝臓がん、胆嚢がんと消化器科で扱う臓器のほとんどで、がんが発生します。

 

消化器科に入院してくるがんの患者さんは、手術済みまたは手術適応外という人がほとんどですので、抗がん剤による化学療法や放射線療法での治療が主な治療法となります。

 

また、一般的な診療科で扱う疾患は腫瘍や炎症、潰瘍などの器質的な疾患が多いのに対して、消化器科は便秘や胸やけ、逆流性食道炎など消化器がうまく動かないことによる機能的な疾患も多いんです。

 

そして、消化器科の主な症状である便秘や胃痛、胃もたれ、嘔吐、食欲不振などは、消化器以外の疾患が原因となることも多いですので、消化器科で働く看護師は消化器科以外の疾患の知識も必要となりますし、ほかの診療科とのスピーディーな連携を求められることがあります。

 

消化器科の看護師の業務内容

消化器科の看護師の業務内容は、外来やクリニックは医師の診療の補助や検査介助などが主な仕事となり、病棟の場合はバイタルサインのチェックや点滴、採血、服薬管理、清潔ケア、診療補助が主な仕事内容ですので、基本的にはほかの診療科とそれほど違いはありません。

 

ただ、消化器科に多い業務内容はあります。それは、化学療法や放射線療法の看護や内視鏡治療の介助・看護です。

 

消化器科に入院しているがんの患者さんは、基本的に手術は受けません。手術をするのであれば、消化器外科に入院しますよね。そのため、消化器科のがんの患者さんの治療法は、化学療法や放射線療法になるんです。

 

化学療法と放射線療法の看護は、どちらも専門的な知識が必要ですし、副作用も出やすいので、副作用に対する看護も大切になってきます。

 

また、消化器科は内視鏡による治療や検査が多く、内視鏡治療や検査の介助だけでなく、治療前の準備や患者さんへの説明、前処置なども消化器科の看護師の仕事になります。

 

消化器科の看護師の役割ややりがい

消化器科の看護師の役割は、食事を満足に取れない患者さんへの説明や配慮です。消化器科の患者さんは、消化器に何らかの疾患を抱えている状態ですので、健康な時と同じような食事を取れないことが多いんです。

 

カロリー制限や蛋白制限、脂質制限などの制限がある食事の人もいますし、ミキサー食や流動食の人もいます。それどころか絶飲食の人もいますよね。

 

そういう患者さんに対して、なぜ食事の制限があるのか、その制限はいつまで続くのか、いつになったら普通の食事ができるのかなどをきちんと説明することや食事制限がない患者さんとは別室にするなどの配慮をすることは、消化器科の看護師の大切な役割です。

 

健康な人の場合、「たかが食事」と考えがちですが、食事はQOLを大きく左右するものですし、食事が人生の楽しみの1つという人もいますので、消化器科の看護師だからこそ食事を満足に取れない人の悩みを理解し、寄り添う必要があるんです。

 

次に、消化器科の看護師のやりがいについてですが、やはりがん看護を専門的に行うことができるという点になります。がん看護といっても、疼痛ケア、化学療法、放射線療法、緩和ケアと幅広いですし、それぞれ専門的な知識や技術も要求されます。

 

また、痛みや副作用は個人差が大きいですので、患者さん一人ひとりに合わせた看護が必要になります。専門性が高く、個人差が大きいですので、がん看護は大変な部分も大きいですが、試行錯誤しながら患者さんに合わせたケアを行うことで、少しでも痛みが和らいだり、副作用が改善したら、その分大きなやりがいを感じることができますよね。

 

消化器科に向いている人、必要なスキル

がん看護を学びたい、キャリアアップしたいという人は、消化器科で働くと良いでしょう

消化器科はがんの患者さんが多いですが、がんは治療法が進歩し、不治の病ではなくなっています。それでも、やはり「死」というイメージがどうしても付きまとうものです。

 

治療に前向きに臨んでいる患者さんでも、少なからず不安は抱えているものですし、化学療法や放射線療法による副作用やがんの痛みが出ている時は、精神的なストレスも大きくなりますよね。

 

また、消化器に疾患を抱えていると、自分の好きなものが食べられなかったり、絶飲食を強いられることがありますので、食事面でストレスを抱えている患者さんも多いんです。

 

そのため消化器科は、精神的なケアを重要視している人が向いていると言えるでしょう。ストレスを抱えている患者さんに対して、できるだけそのストレスを取り除くケアのために工夫することは、消化器科の看護師に必要なスキルです。

 

がん看護に興味のある人、何か専門分野を作っておきたい人も消化器科に向いています。消化器科では、がん看護を深く学ぶことができるんです。がん看護を学んでスキルアップしていけば、認定看護師や専門看護師の道も開いていますので、がん看護を学びたい、キャリアアップしたいという人は、消化器科で働くと良いでしょう。

 

おすすめの消化器科は?

消化器科で働いてみたいと思っても、どんな消化器科に転職すればよいのか迷ってしまいますよね。

 

まず、夜勤に入りたくない人は外来やクリニックを選ぶと良いでしょう。消化器科の外来やクリニックといってもたくさんありますよね。その中で選ぶポイントは、内視鏡をやってるかどうかです。

 

外来やクリニックで内視鏡をやっていると、内視鏡に関する専門的な知識やスキルを得ることはできますが、場合によっては残業が多くなってしまうかもしれません。

 

次に、消化器病棟の選び方です。もし、がん看護を深く学びたい、専門性を高めたいというのであれば、がんの認定看護師や専門看護師が活躍している病院を選びましょう。

 

がん看護のプロフェッショナルの看護師と一緒に働くことで、より質の高いがん看護を学ぶことができますよね。そういう環境で働けば、自分も認定看護師や専門看護師になりたいと考えるようになるかもしれません。

 

既に認定看護師や専門看護師の資格取得を視野に入れている人は、資格取得の支援制度がある病院を選ぶと良いですよ!

 

消化器科の給料と給料アップ方法

消化器科への転職をしようか迷っている時に、気になるのはやっぱりお給料ですよね。消化器科のお給料の相場はどのくらいなのでしょうか?

 

消化器科特有の手当などはありませんので、基本的にはほかの診療科と同じ程度となります。地域や経験年数などによって変わりますが、外来やクリニックだと20〜25万円、夜勤ありの病棟だと25〜30万円が相場となるようです。

 

平成25年の看護師の平均年収が472万円ですので、この数字を参考にして選ぶと良いでしょう。

 

できるだけ規模の大きな病院で、さらに都市部にあるところを選びましょう

少しでも良い給料のところで働きたい場合は、できるだけ規模の大きな病院で、さらに都市部にあるところを選びましょう。消化器科は田舎のクリニックや個人病院にもありますが、そういうところは基本給が低かったり、昇給がない場合も多いですので、「給料」という面ではあまりおすすめできません。

 

また、消化器科で働きながらお給料をアップする方法は、スキルアップ、キャリアアップしていく方法です。消化器科のキャリアアップ方法といえば、やはり認定看護師や専門看護師になります。認定看護師は緩和ケア、がん性疼痛看護、がん化学療法看護、がん放射線療法看護の4分野があります。

 

認定看護師や専門看護師をを目指している人は、資格取得支援制度があるところを選ぶと、資格取得のための金銭補助が受けられることもありますので、経済的に助かると思います。

 

認定看護師や専門看護師は、ハードルが高すぎるという人は、自分でできる範囲でスキルアップしていきましょう。学会に参加したり、院内外の研修に参加するだけでも、スキルアップしていけますよね。

 

スキルアップはすぐには給料アップにつながらないかもしれませんが、長い目で見れば、確実に給料アップにつながりますし、再度転職する時には、そのスキルが大きな武器になると思います。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

【看護ラボ kango-labo.com】 トップページへ


このページの先頭へ戻る