手術室看護師の勤務体制・給料・求人|看護ラボ kango-labo.com

MENU

手術室看護師の勤務体制には4タイプあります

 

手術室看護師の勤務体制・給料・求人

 

手術室看護師の勤務体制は病棟や外来に比べると、ちょっと特殊です。

 

病棟は日勤と夜勤があって、2交替制か3交替制ですね。外来は救急外来を除けば、日勤のみの勤務体制になります。

 

でも、手術室の勤務体制は特殊です。

 

手術室の勤務体制は、その手術室によって異なりますが、「日勤のみ」、「オンコール制」、「当直制」、「夜勤あり」の4つがあります

 

日勤のみ

オンコール制

当直制

夜勤あり

 

手術を行うには、マンパワーが必要ですよね。執刀医と助手、器械出し看護師、外回り看護師、麻酔科医、臨床工学士。

 

ある程度のオペを行うためには、これだけのスタッフが必要になります。

 

このほか、物品の補充や器械類の洗浄・滅菌をするスタッフ、清掃スタッフなども必要ですね。

 

そして、手術中は何が起こってもおかしくありません。大出血したり、不整脈が起こったりしても、何もおかしくはないのです。

 

もし、手術中に急変が起こった時のために、最善の対処ができるような体制を整えておかなくてはいけません。

 

手術はマンパワーが必要で、最善の対処ができる体制が整った状態で行われるべきですので、平日の日勤帯に行われることになります。

 

予定された手術は、全て平日の日勤帯に行うようにスケジュールが組まれているのです。

 

そのため、手術室の看護師は、基本的に平日の日勤での勤務となります。

 

ただ、夜間や週末に緊急手術が行われることもありますよね。

 

入院している患者さんが急変して緊急手術が必要になったり、救急搬送されてきた患者さんの手術が必要だったりする場合があります。

 

今すぐ手術が必要なのに「今、夜なので手術できません」とか「週明けまで待ってください」と言っていたら、患者さんは死んでしまいます。

 

そのような緊急手術に対応するための勤務体制が、オンコール制や当直制、夜勤なのです。

 

夜間や週末に緊急手術が入る頻度は、病院によって大きく異なり、オンコール制か当直制か夜勤ありかは、緊急手術の頻度によって決まります

 

では、日勤のみ、オンコール制、当直制、夜勤のそれぞれの特徴を説明していきます。

 

勤務体制

手術室の特徴

日勤のみ

予定された手術以外は行わない。

 

救急搬送は受け入れていない病院の手術室。

 

看護師は平日の日勤のみの勤務。

オンコール制

自宅で待機していて、緊急手術があると出勤する。

 

緊急手術はそれ程多くない。

当直制

病院内で待機していて、緊急手術があると働く。

 

緊急手術の頻度はそこそこ。

夜勤

緊急手術が多く、三次救急を受け入れているような病院の手術室。

 

病院によっては、救急外来と兼任させられることもあり。

 

「日勤のみ」の手術室看護師の勤務体制

日勤のみの手術室は、予定された手術以外は行わないという手術室です。

 

病棟に入院している患者さんは急変が起こるリスクは少なく、さらに救急搬送は受け入れていない病院ですね。

 

このような手術室で働くと、看護師は平日の日勤のみの勤務で、土日祝日は休日になります。

 

「オンコール制」の手術室看護師の勤務体制

オンコール制は自宅や病院の周辺で待機していて、緊急手術がある時には電話連絡が入り、すぐに出勤して働くという勤務体制です。

オンコール制は自宅や病院の周辺で待機していて、緊急手術がある時には電話連絡が入り、すぐに出勤して働くという勤務体制です。

 

自宅で待機できるとは言っても、常に電話に出れるような状態で待機し、呼ばれればすぐに出勤しなくてはいけないので、オンコール当番の日はお酒を飲めませんし、行動が制限されます。

 

オンコール当番で呼び出された場合、時間外勤務(残業)扱いになりますので、労働基準法で定められている週40時間労働に含められません。

 

そのため、オンコールで呼び出されて、たとえ深夜に働いたとしても、翌日が日勤勤務だったら、通常の日勤スタッフとして働かなくてはいけないので、体力的にきついこともあります。

 

手術室によっては、オンコールで働いたら、翌日の出勤時間は遅めでOKと配慮しているところもありますが、全ての手術室で配慮があるというわけではないので、注意が必要です。

 

「当直制」の手術室看護師の勤務体制

当直制は病院内で待機していて、緊急手術に備える勤務体制です。

 

当直制は病院にいる必要がありますが、緊急手術がない場合は仮眠するなど、自由に過ごしてOKです。

 

夜間や週末の緊急手術の頻度が比較的高い病院は、当直制にしているところが多いです。

 

夜間はオンコール制、週末は当直制のようにオンコール制と当直制を組み合わせている手術室もあります。

 

当直制もオンコールと同じように時間外勤務扱いなので、翌日が日勤の場合は、朝から働く必要があります。

 

「夜勤あり」の手術室看護師の勤務体制

夜勤がある手術室もあります。

 

三次救急の大病院のように毎晩のように緊急手術が入る、緊急手術があるのが当たり前という病院では、オンコールや当直の待機番ではなく、夜勤の勤務体制にしています。

 

 

また、それほど規模が大きくない救急病院でも、夜勤があることがあります。そのような救急病院では、救急搬送数も多くなく、緊急手術も多くありません。

 

そのため、人件費を考慮して、夜勤帯は手術室看護師が救急外来で働き、緊急手術が必要な患者さんが搬送されてくると、そのまま手術に入るという勤務体制を取っている病院もあります。

 

夜勤帯だけ手術室の看護師が救急外来を兼任する勤務体制ですね。

 

 

手術室の看護師の勤務体制は、【平日の日勤のみ】、【オンコール制】、【当直制】、【夜勤あり】の4種類があります。


 

手術室の看護師の給料

 

手術室の看護師の給料

手術室の看護師の給料は、病院によって大きく異なります。

 

なぜなら、勤務体制や緊急手術の頻度によって、手当の金額が大幅に変わってくるからです

 

平日の日勤のみの勤務の手術室は、そこまで高くありません。

 

ただ、残業が多い手術室だとその分時間外手当がつきますし、手術室手当や危険手当がつきますので、平日のみの勤務でも400〜450万円程度稼ぐことができます。

 

オンコールや当直制、夜勤がある手術室は、当然ながらもっと高くなります。

 

看護協会の「2012年病院勤務の看護職の賃金に関する調査」によると、各手当の1回あたりの平均は以下の通りです。

 

オンコール手当 1,702円
当直手当 7,321円
夜勤手当 10,119円

 

オンコールや当直の待機番の時に緊急手術が入ったら、働いた分だけ時間外手当がつきます。

 

そのため、夜や週末にも働く手術室だと、年収は450〜500万円になります。

 

残業が多め、当直制で緊急手術が多めの手術室だと年収550万円以上を稼ぐこともできるのです。

 

【看護師の平均年収】
日本看護協会のデータで年収519万円というものがあるようですが、これは2012年のデータなので少し古いです。

 

また、人事院のデータから年収519万円という数字を出しているところもあるようですが、人事院は月収調査はしていても、年収調査はしていないとのこと。「519万円については確認出来ない」が公式見解です。

 

当サイトでは、毎年発表される厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」の最新データから看護師の年収を計算しています。

 

手術室の看護師求人のチェックポイント

手術室の看護師求人を選ぶ時には、勤務体制や手術の診療科や種類、教育体制、術前・術後訪問の有無、手術件数と看護師の人数を確認しておきましょう。

 

手術室の勤務体制

勤務体制は先ほども説明したように、手術室によって大きく異なります。それぞれのメリットとデメリットをここでもう一度確認しておきましょう。

 

勤務体制

メリット デメリット
日勤のみ

・平日日勤のみで働きやすい

 

・予定手術だけで緊急手術がない

・給料はそれほど高くない

 

・難しい手術は少ないので、スキルアップしにくい

オンコール

・自宅で待機することができる

 

・呼び出しがなくても手当は貰える

・行動が制限される

 

・週末のオンコール当番は休みが潰れることになる

 

・翌日の日勤は普通に働く

 

・手当の額が安い

 

・いつ呼び出されるかわからないストレスがある

当直

・待機番でも比較的手当が高い

 

・緊急手術がなくても手当がもらえる

・オンコール以上に行動が制限される

 

 ・翌日の日勤は普通に働く

 

・週末の当直当番は休みが潰れることになる

夜勤

 ・緊急手術が多く、スキルアップしやすい

 

・オンコールや当直よりも手当が高い

 

・夜勤の翌日は休みになる

・救急外来と兼任になることがある

 

・夜勤帯でも難易度の高い手術がたくさんある

 

これらのメリットとデメリットをよく考えて、自分に一番合っている、メリットが大きいと思える手術室を選んでください。

 

オンコールや当直当番で深夜に働いた翌日の日勤は、時間通りに出勤しなければいけないのか、遅出の時間でOKなのかは、その手術室によって異なりますので、必ず確認しておきましょう。

 

手術の診療科や手術の種類

手術を行う診療科や手術の種類も確認しておきたいポイントです。

 

大学病院や総合病院のように幅広い診療科の手術を行っている手術室なら、幅広い手術に対応できる手術室看護師になれるでしょう。

 

単科病院や個人病院、クリニックのように手術の診療科が少なく、術式も少なければ、すぐに仕事を覚えることができて、「仕事が覚えられない」という悩みからは解放されると思います。

 

手術室看護師の教育体制

手術室の求人を選ぶ時は看護師の教育体制もチェックしましょう。

 

手術室の看護師の仕事は専門性が高いので、手術室経験がない看護師さんは、教育体制が整っているところを選ばないと、なかなか仕事を覚えられません。

 

中途採用者にもプリセプターをつけてくれるか、術式ごとのマニュアルは揃っているのか、勉強会は開かれているかなどを確認して、手術室の求人を選ぶと良いでしょう。

 

手術室看護師による術前・術後訪問の有無

術前・術後訪問の有無も調べましょう。

 

術前・術後訪問があると、手術室看護師としてスキルアップすることができます。

 

術前訪問では短時間で患者さんの情報を集め、看護問題を抽出して、手術中のケアに努めます。

 

術後訪問では自分が行った看護の結果を評価することが出来ます。

 

また、患者さんとコミュニケーションをとって、患者さんの精神的なケアができるのも、術前訪問をするメリットです。

 

術前・術後訪問は手術室の看護師としてのスキルアップにつながりますし、やりがいを感じるきっかけにもなるんです。

 

手術室の看護師は患者さんと触れ合えないから「やりがいを感じないかも」と不安を持っている人は、術前・術後訪問の実施割合が高い手術室を選びましょう。

 

手術件数と看護師の人数

手術件数と看護師の人数も、手術室の求人を選ぶ時にはチェックしておきたいポイントです。

 

手術件数が多いのに、看護師の人数が少ないと、それだけ忙しく残業が多いことになりますし、何より看護師の人数が足りていないと、医療ミスを起こすリスクが高くなります。

 

実は、手術室の看護師の配置人数は、基準が作られていないって知っていましたか?

 

病棟では7対1、10対1のように配置人数が決められていますが、手術室は明確な基準がないんです。

 

ということは、どうなるでしょうか?

 

病棟で7対1を保てなくなったら、手術室看護師を病棟に異動させたり、新規採用者の配属は手術室は後回しにして、とにかく病棟の看護師を補充することになるんです。

 

そのため、手術室の看護師が足りていないところは多いのです。

 

手術室の配置人数が決まっていないので、何人だと足りない、何人いれば足りているとは一概には言えません。

 

でも、春日潤子氏の「手術部看護師の適正数に対する新たな算定式の提案―A病院手術部の手術実績を用いて―(PDF)」のデータによると、年間手術数が多い病院ほど、看護師数/手術室数の値が大きくなっているんです。

 

 

手術室看護師総数

手術実数

看護指数/手術室数(人)

1000件未満

10.75

4.167

2.58

1000〜2999件

16.765

5.667

2.96

3000〜4999件

25.559

8.567

2.98

5000〜6999件

37.293

11.31

3.3

7000件

51.615

15.593

3.31

(出典:春日潤子「手術部看護師の適正数に対する新たな算定式の提案―A病院手術部の手術実績を用いて―(PDF)」6頁 図表 1 : 手術室あたり看護師数【総手術数段階別】)

 

このデータから看護師数/手術室の値が3以上だと、1つの手術室(小部屋)に3人の看護師が確保されているということになるので、ある程度手術室の人数が確保されていると言えるでしょう。

 

 

手術室の求人を選ぶなら、(1)勤務体制、(2)診療科と手術の種類、(3)教育体制、(4)術前・術後訪問の有無、(5)手術件数と看護師の人数、をチェックしてましょう!


 

手術室看護師の求人を探す時に、募集要項にはなかなか載っていない、これらの全てのチェックポイントの確認を忙しい自分一人で行うのは難しいのが現状です。

 

そこで、転職支援サービスを利用する事をオススメします。【完全無料】で、担当のコンサルタントが全てのチェックポイントを確認し、さらにあなたの希望に添うような求人を探してくれます。

 

入職後に「こんなはずじゃなかった」ということも回避出来るでしょう。

 

転職支援サービスにお願いしても、気が変ってすぐ止めたり、途中でキャンセルするのも問題ありません。まずは気軽に相談してみると意外なチャンスや理想の求人がきっと見つかりますよ。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい【無料】「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>

手術室看護師の勤務体制・給料・求人関連ページ

手術室看護師の仕事内容、役割、必要なスキル
手術室看護師のやりがい、目標、キャリアアップの資格、不安
手術室看護師として働くやりがいと目標について考えます。また手術室看護師としてキャリアアップする為に役立つ資格4つを紹介します。さらに手術室看護師がつい不安に思ってしまう事が実はまったく逆である事などについて解説していきます。