循環器科の特徴・業務内容と看護師のやりがいと役割|看護ラボ kango-labo.com

MENU

循環器科の特徴・業務内容と看護師のやりがいと役割

循環器科の特徴

循環器系の診療科は、「循環器内科」と「心臓血管外科」に分かれる事が多いのですが、ここでは「循環器科=循環器内科」としてご紹介していきます。

 

循環器科で扱う領域は、心臓や冠動脈、大動脈、その他の血管などの「循環器」に関わる部分で、主な疾患は狭心症や心筋梗塞など虚血性心疾患、高血圧、動脈硬化、心不全、不整脈などがあります。

 

心臓血管外科と違い、循環器科では外科的手術は扱いませんが、カテーテルを用いての心臓カテーテル検査や冠動脈形成術などは循環器科が行います。

 

循環器科の疾患や患者さんの特徴として、慢性疾患が多いことと命に直結する病気が多いことが挙げられます。

 

高血圧や動脈硬化は生活習慣病の代表的な疾患ですよね。生活習慣病は突然発症するものではなく、日常の生活習慣の積み重ねなどで、徐々に進行していく病気です。心筋梗塞は突然発症しますが、発症の原因は動脈硬化など生活習慣病であることがほとんどですので、長年上手に付き合っていく必要がある疾患を扱う診療科と言えるでしょう。

 

また、「心臓死」という言葉があるように、現在の日本では「心臓の動きが止まる=死」とされていて、人間の臓器の中で最も重要なものであり、その心臓に病気になると、命に直結することが多くあります。

 

つまり、循環器科は慢性疾患が多いのに、その疾患が命に直結することもあるという2つの側面を持った診療科なんです。

 

循環器科の業務内容

循環器科の看護師の業務内容ですが、外来やクリニックは医師の診療の補助や検査介助が主な業務であり、病棟だとバイタルサインのチェックや点滴、採血、服薬管理、清潔ケア、診療補助などが業務内容になりますので、基本的にほかの診療科と同じです。

 

ただ、循環器科特有の業務として、心臓カテーテル検査での介助があります。心臓カテーテル検査は、大腿静脈などからカテーテルを心臓まで通すものですが、心機能の評価だけでなく冠動脈形成術など虚血性心疾患の治療でも用いられます。

 

この心臓カテーテル検査は、循環器科には欠かせないものであり、心筋梗塞の治療などでは一刻一秒を争うスピードが要求されるものです。病院によっては、心臓カテーテル検査室担当の看護師がいることもありますが、循環器科の看護師が心臓カテーテル検査の介助を行うこともあります。

 

また、循環器科で働く上で必要なスキルは、心電図を読めることです。心電図が苦手という看護師さんは多いですよね。3点誘導ならまだわかるけど、12誘導になるとお手上げという看護師さんがほとんどだと思います。

 

でも、循環器科で働く場合、心臓に疾患を抱えている人が多いですので、疾患への理解や異常の早期発見のために、看護師でも12誘導が読めるようになる必要があります。

 

循環器科での役割ややりがい

循環器科で働く看護師の役割はたくさんありますが、その中でも特に重要なのは、異常の早期発見と生活指導です。

 

循環器科の疾患は心筋梗塞や致死的不整脈など命に直結するものも多いですので、「心電図の波形がいつもとちょっと違う」、「患者さんの汗の量がいつもより多い」などちょっとしたことを見逃さず、それを急変や病気の増悪と結び付けて考えられるか否かが、患者さんの生命の左右することになります。

 

また、循環器科の疾患は生活習慣病が原因となっているものが多いですので、日頃の生活習慣を改善する必要があります。心筋梗塞で入院し、一命を取り留めた人が、入院中は規則正しい健康的な生活を送っていても、退院し自宅に帰ったら、また元の不健康な生活習慣に戻ってしまい、病状が悪化して、再度入院してくることも珍しくありません。

 

そのようなことがないように、循環器科の看護師は、入院中からその人のライフスタイルに合わせ、無理のない実現可能な生活習慣の改善方法を提案し、指導していく必要があります。

 

自分の観察で異常を発見し、重篤な急変を防ぐことができた時や自分の看護で患者さんの生活習慣が改善し、病気が良くなった時に循環器科の看護師としてのやりがいを感じることができるでしょう。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>

循環器科の特徴・業務内容と看護師のやりがいと役割関連ページ

循環器科の勤務に向く看護師、循環器科の選び方、給料アップ法