形成外科の特徴と看護師の仕事・適正・スキル、給料アップ法|看護ラボ kango-labo.com

形成外科の特徴、看護師の仕事と適正・必須スキル、給料アップ法

形成外科の特徴

形成外科の看護師の仕事給料

「形成外科」と聞くと、「整形外科と何が違うの?」とか「美容外科や美容整形と同じ?」と疑問に思う看護師さんもたくさんいると思います。

 

形成外科は、整形外科とも美容外科や美容整形とも違う領域を扱う診療科です。形成外科は、身体の変形や欠損、見た目の不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使して、その部位をより正常に、より美しくするための診療科になります。

 

ちょっとわかりにくいですね。また、「美容整形と同じじゃない!」と思うかもしれません。でも、形成外科で扱う疾患を知ると、もう少し形成外科の具体的なイメージが湧くはずです。

 

形成外科では、褥創や熱傷などの傷の治療、ケロイド状になった皮膚の治療、顔面骨折の治療、口唇口蓋裂など先天性疾患の治療、乳がんでの乳房切除後の乳房再建等です。

 

これを見るとわかると思いますが、整形外科とはまったく違う領域の診療科ですし、美容整形や美容外科とは診療領域が重なる部分はありますが、より専門的でより幅広い領域の疾患を扱っているのが形成外科なのです。

 

形成外科は大学病院や大きな総合病院など大規模病院やクリニックはありますが、小規模病院にはほとんどありません。

 

また、形成外科は顔に切り傷を作ってしまった乳幼児から自宅療養中に褥創ができてしまった高齢者まで、患者の年齢層が幅広いという特徴があります。

 

形成外科の看護師の業務内容

形成外科は診療の特性上、処置が非常に多いですので、形成外科の看護師は病棟でも外来、クリニックでも処置の介助に就く機会が多くなります。

 

患者さんに処置について説明したり、処置の必要物品の準備、処置中の介助や患者さんの体位保持の補助などを行います。

 

また、患者さんの精神的なケアも大切な仕事です。形成外科の患者さんは外見にコンプレックスを抱えていますし、処置への不安も大きいんです。

 

また、顔面骨折をした患者さんや乳房再建術を控える患者さんは、元通りになるのかどうか大きな不安を抱えています。そのような患者さんの精神的なケアを行うのは、形成外科の看護師の重要な役割です。

 

クリニックや外来での特徴的な仕事内容には、オペ室業務があります。形成外科では頻繁にレーザー治療や日帰り手術を行っていますので、通常の外来業務以外にオペ室業務を行うことがあるんです。

 

また、病棟では医師の診療の補助や日常生活援助以外に、ほかの診療科との連携や調整が業務に加わります。形成外科はほかの診療科と連携して治療をすることが多くなります。

 

小児の口唇口蓋裂だったら小児科との連携が必要ですし、乳房の再建術だったら乳がんの治療をした乳腺外科の担当医との連携は必要不可欠です。そのため、形成外科の病棟看護師は、ほかの診療科とスムーズに連携できるように調整することが大切な役割になるんです。

 

形成外科の看護師のメリットとデメリット

形成外科の看護師のメリット

形成外科で働く看護師のメリットとデメリットを考えてみましょう。まずはメリットからです。

 

形成外科のメリットは、処置に強くなれることです。形成外科は処置が多く、しかもその処置の種類や範囲はとても幅広くなります。

 

そのため、形成外科で働くとたくさんの処置介助を経験することができますので、処置に強くなれるんです。

 

形成外科のもう1つのメリットは、患者さんのQOL向上に直接関わることができる点です。形成外科の治療で傷跡や熱傷の跡が目立たなくなったり、乳房再建術で乳がん治療前と見た目が変わらなくなり、自分の外見へのコンプレックスがなくなり、自信を持つことで患者さんのQOLは大きく向上します。

 

形成外科の看護師は、患者さんのQOL向上に直接関わることになりますので、やりがいを感じることができるんです。

 

形成外科の看護師のデメリット

次は、形成外科のデメリットについてです。形成外科のデメリットは、重症集中ケアを経験することができないことです。オペ後の患者さんはたくさんいますが、命に関わるような患者さんは比較的少なめです。そのため、急変対応や全身管理をする機会はあまり多くありません。

 

形成外科に向いている人、必要なスキル

形成外科の特徴は処置が多いことと精神的なケアが重要であることです。処置をスムーズに早く安全に終わらせるためには、ドクターだけではなく、介助につく看護師も大きな役割を担っています。

 

そのため、形成外科の看護師はテキパキ動ける必要があります。マイペースに動くのではなく、その場に合わせてテキパキ動ける人の方が形成外科に向いていると言えるでしょう。

 

また、精神的なケアをするためには、コミュニケーションスキルが欠かせません。患者さんが今どんなことに悩み、治療に対してどんな思いを持っていて、どんな不安を抱えているかを聞き出し、その情報をケアに活かさなくてはいけません。

 

そのため、形成外科の看護師は高いコミュニケーションスキルが必要です。また、患者さんの心情の変化を汲み取るための観察力も求められます。

 

そして、形成外科は処置が多いですし、外来やクリニックでは日帰り手術を行っていますので、オペ室経験があると重宝されます。ただ、これは必須ではありません。オペ室経験がなくても、少しずつ覚えていけば良いので大丈夫です。むしろ、現在形成外科で働いている看護師さんで、オペ室経験がある人は少数派です。

 

どんな形成外科がオススメ?

形成外科で働こうと思ったら、どんな形成外科がオススメなのでしょう?まずは、形成外科の病棟から考えてみましょう。

 

形成外科の病棟は、大学病院や大きな総合病院にしかありませんので、形成外科の病棟で働きたいなら、自動的に大病院を選ぶことになりますが、どんな治療を中心に行っているのかは、あらかじめチェックしておきましょう。

 

乳腺外科が有名な病院だと乳房再建術が多くなりますし、口唇口蓋裂の治療は形成外科ではなく小児外科が中心となって行っている病院もあります。

 

興味のある疾患がある人は、その病院でどんな治療やオペが多いのかは転職前に必ず調べておくようにしましょう。

 

次にクリニックでの勤務を希望する場合です。形成外科のクリニックは大きく分けて2種類あります。保険診療のみを行っているクリニックと保険診療だけではなく自由診療も行っている混合診療のクリニックです。

 

最初にお話しましたが、形成外科は美容外科・美容整形外科と重なっている部分があります。そのため、形成外科のクリニックは通常の保険診療だけでなく、美容外科領域の自由診療を行っているところもあるんです。

 

美容外科の診療も行っている形成外科は、お給料が高めに設定されていますが、一般的なクリニックだと思って働くと、接遇やその他の面で違和感を感じることになりますので、あらかじめ保険診療のみか混合診療かをきちんと確認しておきましょう。

 

形成外科の給料と給料アップ方法

形成外科の給料は、病棟や外来、保険診療のみのクリニックで働く場合は、ほかの診療科と同程度になります。外来やクリニックだと月収25万円前後、夜勤ありの病棟だと月収30万円前後が目安になります。

 

美容外科の自由診療を行っている形成外科クリニックの場合は、月収30〜35万円が相場になっています。

 

形成外科の給料をアップさせるためには、オペ室経験がある看護師さんは、その経験をアピールしましょう。特に、クリニックだとオペ室経験は重宝されますので、給料アップにつながります。

 

もう1つの給料アップ方法はスキルアップ、キャリアアップしていくことです。院内研修や外部の研修に積極的に参加してスキルアップすると、給料アップにつながるはずです。

 

形成外科で役立つ資格には、皮膚・排泄ケア(WOC)認定看護師があります。認定看護師の資格はハードルが高いですが、頑張って資格を取得すれば、認定看護師手当がつきますし、より専門的な仕事ができますのでやりがいを感じることができるでしょう。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

【看護ラボ kango-labo.com】 トップページへ


このページの先頭へ戻る