呼吸器科への適性・必要スキル・職場の選び方・給料アップ法|看護ラボ kango-labo.com

MENU

呼吸器科への適性・必要スキル・職場の選び方・給料アップ法

呼吸器科に向いている人、必要なスキル

患者さんの立場に立って考えられる人、患者さんに寄り添える看護師が呼吸器科に向いている

呼吸器科に向いているのは、患者さんの立場に立って考えられる人、患者さんに寄り添える人です。

 

ちょっと考えてましょう。呼吸が苦しいのって、とてもつらいですよね。呼吸が苦しいのは、痛みよりもつらいと言われています。呼吸が苦しいと、食事をする気にならないですし、眠ることもできません。

 

そのような患者さんのつらさ、苦しさをしっかり理解して、寄り添うような看護が呼吸器科では要求されます。

 

また、感染予防の意識が高い人も呼吸器科に向いています。呼吸器は鼻や口から吸い込んだ菌が直接気管や肺に入りますので、感染を起こしやすい臓器です。MRSAなどの院内感染の原因菌でも肺炎になりやすいですので、清潔・不潔の区別をしっかり付けられる人、几帳面で神経質な人は呼吸器科で働くと良いでしょう。

 

そして、コミュニケーション能力も呼吸器科で必要とされます。呼吸器科ではCOPDの増悪予防のための生活指導も看護師の仕事の1つになりますが、長年の生活習慣を変えるのはなかなか難しいですよね。

 

そういうときに、コミュニケーション能力があれば、患者さんからいろいろ情報を引き出して、患者さんに合わせた生活スタイルを提案できますし、家族ともコミュニケーションを取っていけば、家族の積極的な協力も得られますよね。

どんな呼吸器科がおすすめ?

呼吸器科で働いてみたいと思ったら、どんな呼吸器科を選べば良いのでしょう?

 

まず、COPDの看護や肺炎などの看護をやりたいという場合は、呼吸器科の中でも呼吸器内科の患者さんが多いところを選びましょう。

 

呼吸器科の中でも、肺がんなどがん看護を経験したい場合は、呼吸器外科がおすすめです。呼吸器外科ならがん看護だけでなく、オペ前後の看護も経験することができますので、急性期看護のスキルアップをしたいという人も、呼吸器外科を選ぶと良いと思います。

 

呼吸器科の看護の中でも、生活指導などをメインにやってみたいという人は、クリニックや外来が良いでしょう。慢性期のCOPDや睡眠時無呼吸症候群、気管支喘息の患者さんが多く、生活指導をすることで症状が改善する場合がありますので、生活指導の機会は多いと思います。

 

呼吸器科の給料と給料アップ方法

呼吸器科の看護師のお給料はどのくらいでしょう?呼吸器科の日勤のみの外来やクリニックだと20〜25万円、夜勤ありの病棟だと25〜30万円が相場になっています。

 

呼吸器科でお給料の良いところを探すなら「都市部」で「規模の大きな病院」の中から探すと良い

呼吸器科の中でお給料が高めのところは、都市部にある規模の大きな病院の呼吸器科です。都市部は物価が高い分、お給料も高くなっていますし、平成25年の厚生労働省「賃金構造基本統計調査」では、従業員数が99人以下のところに比べて1000人以上の病院は看護師の平均年収が69万円も違うんです。また規模の大きな病院はボーナスも多めできちんと昇給があるところが多い傾向にあります。

 

ですから、呼吸器科でお給料の良いところを探すなら「都市部」で「規模の大きな病院」の中から探すと良いでしょう。

 

呼吸器科で働きながらお給料をアップさせるには、キャリアアップする方法が一番の近道です。キャリアアップすることで、職場に貢献できますよね。その貢献が評価されればお給料アップにつながるというわけです、

 

呼吸器科で働きながらキャリアアップするおすすめの方法は、「3学会合同呼吸療法認定士」の資格を取得することです。この3学会合同呼吸療法認定士は2日間の講習を受講後に試験に合格することで取得できますので、認定看護師や専門看護師に比べると資格を取得しやすいですよね。

 

この3学会合同呼吸療法認定士の資格を取得して、さらに呼吸器科の看護の専門性を高めたいと思ったら、慢性呼吸器疾患看護の認定看護師にチャレンジしてみると良いでしょう。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>

呼吸器科への適性・必要スキル・職場の選び方・給料アップ法関連ページ

呼吸器科の特徴・看護師の業務内容・やりがい