准看護師の年齢別平均年収 50代編|看護ラボ kango-labo.com

准看護師の年齢別平均年収 【50代】

【50代】准看護師の平均年収

50代前半の准看護師の平均給与額を見てみましょう。

 

男性准看護師 (5054歳)

女性准看護師 (5054歳)

年収 477万9,100円 435万2,400円
月額給与 32万3,800円 29万9,100円
ボーナス 89万3,500円 76万3,200円

出典:厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」

 

50代前半の准看護師は、40代後半よりも男女ともに約30万円も年収が上がっています。

 

これを見ると、准看護師は昇給額は少ないものの、長年働いていれば、着実に給料が上がっていく仕事と言えるのかもしれません。

 

次に、50代前半の正看護師や一般サラリーマンの年収と比べてみましょう。

 

 

男性(50〜54歳)

女性(50〜54歳)

准看護師の年収 477万9,100円 435万2,400円
正看護師の年収 556万3,800円 515万9,400円
サラリーマンの年収 656万円 291万円

出典:厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」、国税庁平成26年分民間給与実態統計調査

 

50代になると、正看護師との年収差はやや縮まったものの、それでも男女ともに約80万円の差があります。

 

驚くべきはサラリーマンの年収です。50代前半の男性サラリーマンの平均年収は656万円です。正看護師とは100万円、准看護師とは180万円も差があるんです。

 

最後に50代後半の平均給与額です。

 

男性准看護師 (5559歳)

女性准看護師 (5559歳)

年収 490万2,900円 437万3,300円
月額給与 33万7,800円 29万8,700円
ボーナス 84万9,300円 78万8,900円

出典:厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」

 

男女共に20代前半から着実にお給料がアップしています。男性は20代前半と比べると約200万円、女性は約145万円ほど年収がアップしました。

 

では、次に50代後半の正看護師や一般サラリーマンの給料と比べてみましょう。

 

 

男性(55〜59歳)

女性(55〜59歳)

准看護師の年収 490万2,900円 437万3,300円
正看護師の年収 490万5,500円 541万600円
サラリーマンの年収 632万円 270万円

出典:厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」、国税庁平成26年分民間給与実態統計調査

 

ここで注目すべきは、男性正看護師の給料です。50代後半の男性准看護師は、男性正看護師とほぼ同じ年収になっています。ただ、これは50代後半の正看護師の数が少ないため、無作為にデータを採取した時に偏りが生じてしまったためと考えられます。

 

実際に、女性の正看護師は年収541万600円ですので、50代後半の男性の正看護師は年収540万円を稼ぐことは十分に可能ということです。

 

准看護師は正看護師と仕事内容はあまり変わらないのに、年収は20代前半から50代後半までずっと低いままなのは、少し納得いかないですね。

 

50代の准看護師の年収アッププラン

准看護師は正看護師よりも年収は低いのに、仕事内容は変わりませんので、損な役回りの職業と言えるかもしれません。

 

でも、50代になると、「よし!今から正看護師の資格を取ろう!」という気持ちにもなりませんよね。

 

やりがいや自分自身のキャリアアップのためなら良いのですが、学費のことを考えると、年収アップだけのために50代の准看護師さんが正看護師の資格を取るのはあまりおすすめできません。

 

では、50代の准看護師さんが年収をアップさせるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

50代の准看護師さんは、転職をすることで年収アップをすることができます。ただ、50代で転職をする場合、正直に言って求人数は多くありませんし、転職に失敗したら逆に損をすることもありますので、きちんとした下調べと覚悟が必要になります

 

50代の准看護師さんが年収をアップさせるために転職する場合のポイントをご紹介します。

 

今までの経験をすべて評価してくれる

50代の准看護師さんが転職するなら、もちろん給料が高いところを選ぶようにしましょう。

 

求人情報を見ながら給料が高い転職先を探すことになると思いますが、その際は経験加算があるかどうかをチェックしてください

 

あなたは准看護師の経験が何年ありますか?50代の准看護師さんだと、30年以上の准看護師経験がある人も少なくないと思います。

 

その30年以上の経験をすべて評価して給料に加算してくれるところを選びましょう。そうすれば、求人情報の給与額よりも大幅な給料アップが見込めます。

 

定年後の再雇用がある

50代の准看護師さんが転職するなら、定年後の再雇用があるかを確認しましょう

 

定年後は絶対に働きたくないという人なら別ですが、できるだけ稼ぎたいという人は、定年後の再雇用があるところを選んでおくと、定年後も確実に働くことができます。

 

定年後も確実に働くことができれば、生涯年収が上がりますので、50代で転職するなら定年後の再雇用があるところを選びましょう。

 

体力的に無理なく働ける

50代の准看護師さんが転職するなら、体力的に無理なく働けるところを選びましょう。給料が高いところは、体力的にきつい可能性があります。

 

50代になると体力の衰えを感じている人も多いですよね。年収がアップするからと言って体力的にきついところを選んでしまったら、腰痛や体調不良で辞めざるを得なくなりますので、体力的に無理なく働けるところを選んでください。

 

50代になると、いくら人材不足の看護業界と言っても、求人数は少なくなります。その少ない求人数の中で、経験を評価してくれて定年後の再雇用があり体力的に無理なく働けるところを探すのは難しいですが、転職支援サイトを使うと、意外と簡単に年収アップができる転職先が見つかるかもしれませんよ。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

【看護ラボ kango-labo.com】 トップページへ


このページの先頭へ戻る