准看護師の年齢別平均年収 30代後半編|看護ラボ kango-labo.com

MENU

准看護師の年齢別平均年収 【30代後半】

【30代後半】准看護師の平均年収

次は、30代後半の准看護師の平均給与額です。

 

男性准看護師 (3539歳)

女性准看護師 (3539歳)

年収 410万2,900円 364万1,700円
月額給与 28万5,700円 26万100円
ボーナス 67万4,500円 52万500円

出典:厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査

 

30代前半の平均給与と比べると、男性はほぼ変わっていませんが、女性は20万円以上年収がアップしています。

 

次に、30代後半の正看護師や一般サラリーマン・OLの年収と比べてみましょう。

 

 

男性(35〜39歳)

女性(35〜39歳)

准看護師の年収 410万2,900円 364万1,700円
正看護師の年収 502万1,900円 485万8,600円
サラリーマンの年収 502万円 293万円

出典:厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」、国税庁平成26年分民間給与実態統計調査

 

30代後半になると、正看護師と准看護師の年収差はさらに広がっていきます。

 

正看護師は男性の場合500万円の大台を突破していますが、准看護師は410万円で30代前半とほぼ同じ年収となっています。

 

男性で約90万円、女性で約120万円も違うのは、とても大きな差ですよね。

 

正看護師と准看護師の年収差が広がっていくのは、もともとの基本給が違うことに加えて、さらに昇給額も違うという理由が大きいと思います。

 

一般サラリーマン・OLと比べてみると、女性はまだ准看護師のほうが年収は高いものの、男性准看護師は約90万円も年収が低くなっているのです。

 

准看護師は正看護師と同じような仕事をしていて、体力的にも精神的にもハードですし責任の重い仕事です。

 

それなのに、正看護師やサラリーマンとこれだけの年収差があるなら、少しでも年収をアップさせる方法を探したいですよね。

 

30代後半の准看護師の年収アップのプラン

30代後半の准看護師が年収をアップさせるためには、2つの方法があります。どちらの方法で年収アップを目指すのか、あなたに合ったほうを選んでくださいね。

 

待遇の良い職場へ転職をする

年収アッププランの1つ目は、待遇の良い職場へ転職をすることです。

 

これは基本中の基本ですね。もし、今の職場の給料に不満を持っているなら、早めに転職を考えたほうが良いでしょう。

 

40代になってから転職するよりも、30代後半で転職したほうが、転職先の選択肢が広くなりますし、高待遇の職場に採用されやすくなります。

 

いくら、看護職は人手不足で40代の准看護師でも転職できるとはいっても、採用側としては若い人を採用したいものですから。

 

30代後半の准看護師さんが転職するなら、今までの経験年数を給料に加算してくれるところを選ぶのはもちろんですが、住宅手当や扶養手当などの各種手当が充実しているところを選ぶと年収アップにつながりますよ

 

住宅手当や扶養手当は世帯主でないともらえない職場もありますが、世帯主でなくても一定金額を貰える職場もあります。

 

また、世帯主でない人は、配偶者の職場から出る住宅手当や扶養手当、その他の手当を自分の職場の金額と比べてみて、明らかに「あなたが世帯主になった方が収入が増える」という場合は世帯主の変更や賃貸住宅の名義変更を考えてみても良いでしょう。

 

例えば、配偶者の職場は住宅手当や扶養手当がないけれど、あなたが世帯主になったら、住宅手当と扶養手当で3万円もらえるという場合、あなたが世帯主になれば、年収は36万円アップになるのです。36万円の差は大きいですよね。

 

30代後半になると、結婚して家族がいる人が多いと思いますので、各種手当にこだわって転職先を選んでみると良いでしょう。

 

キャリアアップをする

年収アッププランの2つ目は、キャリアアップをすることです。准看護師のキャリアアップと言えば正看護師の資格を取ることだと思います。

 

准看護師の経験が10年以上ある人は、2年間の通信教育を受けて、国家試験に合格すれば、正看護師の資格を取れますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

准看護師と正看護師の年収差を考えると、頑張って2年間の通信教育を受けることは無駄ではないと思います。

 

また、その他の資格を取得するのも良いでしょう。正看護師にならずに准看護師のままで取得できる資格には、血管診療技師(CVT)、消化器内視鏡技師、認知症ケア専門士、フットケア指導士、3学会合同呼吸療法認定士、ケアマネージャー(介護支援専門員)などがあります。

 

これらの資格の中から興味のあるものを選んで資格を取得し、それを活かせる職場、さらにその資格を評価して給料アップにつなげてくれる職場で働けば、准看護師のまま年収アップを狙うことができるでしょう。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>