准看護師の年齢別平均年収 30代前半編|看護ラボ kango-labo.com

MENU

准看護師の年齢別平均年収 【30代前半】

【30代前半】准看護師の平均年収

30代前半の准看護師の平均給与額はいくらか。

次に、30代前半の准看護師の平均給与額を見てみましょう。

 

男性准看護師 (3034歳)

女性准看護師 (3034歳)

年収 411万800円 341万1,100円
月額給与 28万9,100円 24万4,400円
ボーナス 64万1,600円 47万8,300円

(出典:厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」)

 

20代後半の給料よりも男性・女性共に着実に給料は上がっていますね。

 

男女で年収に70万円の差が出ているのは、男性の准看護師は新卒で大きめの病院に入職し、そのまま同じ病院で働いている人が多いのに対し、30代前半の女性はちょうど結婚・子育て等で職場を変えたり、日勤のみで働く人が多いのが理由だと推測できます。

 

病院の規模が大きければ大きいほど、ボーナスや各種手当が充実していますし、毎年確実に昇給がありますから、大きめの病院で働き続けると、それだけで給料がアップするのです。

 

では、30代前半の准看護師の年収と、30代前半の正看護師や一般サラリーマンの年収を比べてみましょう。

 

男性(30〜34歳)

女性(30〜34歳)

准看護師の年収 411万800円 341万1,100円
正看護師の年収 493万700円 468万6,900円
サラリーマンの年収 446万円 301万円

(出典:厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」、国税庁「平成26年分民間給与実態統計調査」)

 

男性准看護師は男性正看護師と比べて80万円以上年収が低いだけでなく、とうとう男性サラリーマンにも年収を抜かれてしまいました。

 

女性准看護師は女性の正看護師と比べて125万円以上低いものの、女性サラリーマンと比べると40万円ほど高いですね。

 

30代前半の准看護師の給料は20代よりは上がっているものの、やはり正看護師と比べるとかなり低くなっています。

 

また、昇給率が悪いので、20代ではサラリーマンよりも年収が上でも、30代になると准看護師はサラリーマンの年収よりも下になってしまうのです。

 

30代前半の准看護師の年収アップのプラン

30代前半の准看護師さんが年収をアップさせるには、どうしたら良いのでしょうか?30代前半という年齢を考えた年収アッププランを2つご紹介します。

 

年収アッププラン(1)=院内託児所がある病院へ転職

30代前半の准看護師は院内託児所がある病院へ転職することで給料アップ

30代前半の准看護師さんが年収をアップさせるためには、院内託児所がある病院へ転職しましょう。特に、24時間対応の託児所が良いですね。

 

30代前半の女性は子育て中の人が多いと思いますが、子育てしながら仕事をするのはとても大変です。

 

お子さんを保育園に預けて仕事をすると、日勤の仕事しかできませんし、保育園のお迎えの時間がありますので、残業なしの職場を選ぶ必要があります。

 

場合によっては、常勤ではなく非常勤でしか働けないこともあるでしょう。そうすると、給料は安くなってしまいます。

 

日勤のみで残業なし、場合によって非常勤なら、給料が安くなるのは当たり前ですよね。

 

「給料が安くても、子育てと両立させるには仕方ない」と諦めていませんか?でも実は、子育てをしながら、ガッチリ稼ぐ方法があるんです。

 

それは、24時間対応の院内託児所がある病院で働くことです。

 

24時間対応の院内託児所がある病院で働けば、お子さんを託児所に預けて働くことができます。

 

そのため、残業があってもお迎えの時間を心配する必要はありませんから、ガッチリ稼ぐことができます。

 

また、24時間対応なら託児所にお子さんを預けて夜勤にも入れます。夜勤手当は看護師の給料の中で大きな割合を占めますので、夜勤に入ればそれだけ年収がアップするのです。

 

しかも、院内託児所は病院からの補助金があるため、一般の保育園よりも格安で利用できますので、利用料金を節約できて、間接的に年収をアップさせることができるのです。

 

30代前半の子育て中の准看護師さんだけでなく、将来的に子どもが欲しいと思っている准看護師さんも院内託児所がある病院に転職すると、育児中もバリバリ働けますので年収をアップさせることができます。

 

年収アッププラン(2)=通信教育で正看護師を目指す

准看護師は通信教育で正看護師になれば給料が大幅にアップします

准看護師と正看護師は男性で約80万円、女性で125万円も年収に差があるのですから、正看護師の資格を取得すれば、年収を確実に、しかも大幅にアップさせることができます。

 

30代前半の准看護師さんの多くは、准看護師経験が10年以上あると思います。准看護師の経験が10年以上あれば、2年間の通信制の教育を受ければ、正看護師の資格を取得することができます

 

通信制の教育なら、常勤として働きながら正看護師を目指すことができますので、経済的な負担は少なくて済みます。

 

また、看護協会や養成学校の奨学金制度や厚生労働省の教育訓練給付制度を使えば、さらに経済的な負担は少なくなります。

 

正看護師の資格を取得すれば、待遇が良い大病院へ転職することもできますし、主任や師長などの管理職を目指すこともできますので、年収アップのチャンスは大きくなるんですよ。

 

30代前半で正看護師の資格を取得しておけば、ずっと准看護師として働くよりも生涯年収は大きく違ってきます

 

60歳の定年まで働くと仮定すると、あと25年は働く計算になります。正看護師と准看護師では年間100万円の年収差が出るとすると、准看護師のまま働くのと正看護師として働くのでは、25年間で2,500万円の差が出るのです

 

2,500万円、大きな額ですよね。お子さんの教育費用やマイホームの購入資金を考えると、仕事をしながら勉強するのは大変ですが、それでも頑張って今のうちに正看護師の資格を取得しておくと良いのではないでしょうか?

 

正看護師の資格取得のすすめ

先ほども言いましたが、通信教育なら、常勤として働きながら正看護師の資格を取得することができます。

 

でも、通信教育と言っても、全く学校に通う必要がないというわけではありません。施設見学実習と面接授業では学校へ登校する必要があります。

 

登校する日数は学校によって異なりますが、2年間で40〜65日程度は登校が必要です。

 

ということは、常勤として働きながら、通信教育で正看護師の資格を取るなら、休みの調整など職場の協力が必要不可欠になるのです。

 

そのため、通信教育で正看護師の資格を取得するなら、まずは今あなたが働いている職場の師長に相談してみましょう

 

「通信教育で正看護師の資格を取りたい」という希望を伝え、【必要時はシフトを調整してくれるか】、また【資格取得後は正看護師として採用してくれるか】を確認するのです。

 

職場によっては、正看護師は准看護師よりも給料が高いから、人件費の観点から正看護師は積極的には採用しておらず准看護師のほうが歓迎される、正看護師は必要ない、というところもあります。

 

正看護師の資格を取得しても、そういう職場で働いていたら給料アップは期待できないでしょう。

 

もし、今の職場でシフト調整をしてくれなかったり、資格取得後に正看護師として適正な給料をもらえる見込みがないのであれば、早々に違う職場へ転職しておきましょう。

 

正看護師を雇用したい職場はたくさんあります。そういう職場で働けば、登校日は休みにしてくれるなどシフト調整をして資格取得を応援してくれますし、場合によっては奨学金を貸与してくれることもあるでしょう。

 

また、正看護師の資格取得後は准看護師の経験を評価して、給料に加算してくれたりします。

 

そのため、通信教育で正看護師の資格を取得するなら、資格取得を支援してくれる職場に転職すると良いのです。

 

通信教育での正看護師の資格取得を支援してくれる職場を探すなら、転職支援サイトを使うと良いでしょう。

 

担当コンサルタントに、「通信教育で正看護師の資格を取得したいから、それを支援してくれる職場で働きたい」と伝えれば、そのような職場の求人を紹介してくれます。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>