内視鏡室の特徴、看護師の仕事、適性・スキル、給料アップ方法|看護ラボ kango-labo.com

MENU

内視鏡室の特徴、看護師の仕事、適性・スキル、給料アップ方法

内視鏡室で働く看護師は内視鏡の知識だけでなく幅広い消化器、呼吸器の知識が必要になります。

 

内視鏡室の特徴

内視鏡は細長い管の先に搭載されたCCDなどの小型カメラからの映像をモニターに映し出すことで、普段は目に見えない体の内部を医師が直接目で確認することができる医療機器です。

 

内視鏡室では、基本的に上部消化管内視鏡(胃カメラ)や大腸内視鏡など消化器系の検査を行うことが多いため、診療科としては消化器内科の診療範囲内になります。

 

ただ、最近では医療の進歩に伴って、内視鏡検査だけでなく、内視鏡を用いた治療もドンドン行われるようになり、消化器外科の診療も行われるようになっています。

 

また、内視鏡には咽頭内視鏡や気管支鏡なども含まれますので、内視鏡室によっては呼吸器内科や呼吸器外科の検査・治療が行われる場合もあり、内視鏡室で働く看護師は、内視鏡に関する知識や技術だけでなく、消化器内科や消化器外科、呼吸器内科、呼吸器外科の疾患や治療に関する知識も必要になります。

 

内視鏡室の看護師の業務内容

内視鏡室の看護師の主な業務内容は、内視鏡検査・治療の介助になります。内視鏡での検査では、前日からの絶飲食や下剤の服用が必要になることが多いので、その説明を行います。

 

また検査前には必要に応じて鎮静剤を投与し、検査中は医師の介助を行いつつ患者さんの観察をして、検査後は内視鏡機材の洗浄や消毒、補充などを行います。

 

内視鏡室では1日に何件も検査・治療を行いますので、内視鏡室の看護師は手際よくテキパキと仕事を進める必要があります

 

そして、内視鏡室の看護師の一連の仕事の中でも、特に重要なものは患者さんの観察です。内視鏡検査・治療を受ける患者さんは、「痛いかもしれない、苦しいかもしれない」という不安を抱え、緊張しています。

 

また、内視鏡検査を受けなければいけないことで、「ガンかもしれない」と自分の病気に対しての不安を抱いていることもあります。

 

患者さんを観察することで、その患者さんが抱いている不安や緊張を汲み取ることができますので、適切に精神的なケアをすることができるんです。

 

また、処置中は鎮静薬が適切に効いているか、呼吸抑制などの副作用は出ていないか、苦痛を感じていないか等を観察し、患者さんの安楽に努めなければいけません。

 

内視鏡室のメリットとデメリット

内視鏡室で働く看護師のメリットとデメリットを考えてみましょう。内視鏡室で働くメリットは、最先端の医療に携わることができることです。内視鏡を用いた検査・治療は、驚くほどのスピードで進歩していて、どんどん新しい検査法や治療法が確立されています。

 

内視鏡室で働くことで最先端の医療に携わることができますので、そのことにやりがいを感じる看護師さんは多いんです。

 

また、内視鏡室で働けば、内視鏡だけでなく消化器内科・消化器外科、場合によっては呼吸器内科・呼吸器外科など幅広い知識を得られることもメリットの1つです。

 

そして、内視鏡室は夜勤がありませんので、日勤のみの勤務という点もメリットの1つですね。

 

内視鏡室のデメリットは、基本的な看護知識・技術を身につけることができない点です。内視鏡に関する知識や介助技術、消化器系や呼吸器系の疾患・治療に関する知識は身につけることはできますが、病棟などで幅広く使う看護知識や技術は使用する機会がないんです。

 

また、事前説明→内視鏡介助→洗浄・消毒とルーチンワークになりやすいことも内視鏡室のデメリットになります。

 

内視鏡室に向いている人、必要なスキル

 

内視鏡室で働く看護師はコミュニケーションスキルが要求されます。

 

内視鏡室で働く看護師は、患者さんの観察や精神的なケアが重要な仕事になりますので、患者さんの細かい部分まで観察し、精神的な不安を汲み取ることができる優れた観察力が必要になります。

 

また、精神的なケアには患者さんとのコミュニケーションが欠かせませんので、内視鏡室の看護師は高いコミュニケーションスキルも必要でしょう。

 

そして、内視鏡室では患者さんの安全・安楽を守るためにも、予定されている検査・治療を時間通りに終わらせるためにも、看護師はテキパキと仕事を進めていく必要があります。

 

そのため、内視鏡室の看護師はのんびりマイペースに仕事をする人よりも、テキパキとフットワークが軽い人のほうが向いています。

 

どんな内視鏡室がオススメ?

内視鏡室で働こうと思った場合、どんな内視鏡室を選べば良いのでしょう?まずは内視鏡検査のみを行っているのか、検査だけでなく治療も行っているかどうかを調べましょう。

 

検査だけでなく治療を行っているところは、疾患や治療の知識が必要となりますので、勉強することが多いですが、やりがいを感じる機会が増えるでしょう。

 

また、予定された検査・治療だけを行うか、緊急の内視鏡を行うかによっても、職場環境は変わってきます。

 

予定された検査・治療だけを行うところは、残業が少なく、落ち着いた雰囲気の中で働くことができますが、救急で運ばれてきた患者さんや病棟で急変した患者さんなど緊急で内視鏡を行う場合は、残業する可能性が高くなります。

 

でも、緊急で内視鏡を行う職場だと、それだけ多くの症例を経験することができますし、緊急時に対応できるスキルを得ることができます。

 

救急指定されている総合病院の内視鏡室では、緊急の内視鏡を行っていることが多いのですが、内視鏡を専門しているクリニックや消化器内科のクリニックでは予約された内視鏡検査・治療のみということが多くなっています。

 

内視鏡室の給料と給料アップ方法

内視鏡室勤務の場合、夜勤がなく日勤のみの勤務になりますので、病院勤務の場合は一般的な外来での給料と同程度で月収25万円前後が相場になります。

 

クリニックでも月収25万円前後が相場になりますが、クリニックによっては30万円前後と高収入が狙えるところもあります。

 

内視鏡室で働いて給料をアップさせるには、キャリアアップが一番の近道になります。内視鏡室で役に立つ資格は消化器内視鏡技師です。この消化器内視鏡技師には第一種と第二種がありますが、看護師の場合は第一種消化器内視鏡技師、准看護師の場合は第二種消化器内視鏡技師となります。

 

消化器内視鏡技師になるためには、日本消化器内視鏡技師学会の医師がいる内視鏡室で2年以上働き、所定の講義を受講して、研究会やセミナーに参加し、試験に合格しなければいけません。

 

消化器内視鏡技師の資格を取得すれば、給料アップにつながりますし、もし働いている職場でキャリアアップを評価してもらえず給料が上がらなかったとしても、消化器内視鏡技師の資格を武器に転職活動をすれば、給料をアップさせることは十分に可能です。

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

看護師の給料のことは【看護ラボ】 TOP>>