ペインクリニック(麻酔科)の特徴、看護師の仕事、適性、給料アップ法|看護ラボ kango-labo.com

ペインクリニックの特徴、看護師の仕事、適性、給料アップ法

ペインクリニックの看護師は患者と医師の架け橋になる事が大事です。

ペインクリニック(麻酔科)の特徴

ペインクリニック(麻酔科)は、「ここが痛い」、「あそこが痛い」という疼痛を主訴とする患者さんに対応する診療科になります。

 

ペインクリニックの対象になる疾患は、片頭痛をはじめとする頭痛全般、三叉神経痛、筋骨格系の疼痛(椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など)、帯状疱疹、がん性疼痛、幻肢痛などがあります。

 

ペインクリニックでは神経ブロック療法や薬物療法を用いて治療をすることが多く、外来やクリニックでの治療が主であり、ペインクリニック(麻酔科)としての病床があるところはほとんどありません。

 

ペインクリニック(麻酔科)の看護師の業務内容

ペインクリニック(麻酔科)の看護師は、外来業務が主なものになります。問診や医師の診察の補助、検査介助、採血や点滴の投与などですね。

 

ただ、ペインクリニックの看護師は、医師と患者さんの橋渡し的な役割を担わなくてはいけません。

 

痛みは見た目では分かりませんし、検査してもなかなか分かりません。どのくらい痛いのかは、その患者さんの主観でしか判断できないと言うのが理由です。

 

したがって、ペインクリニックの看護師は、問診で患者さんから「どこが痛いのか」、「どのくらい痛いのか」、「いつから痛いのか」など痛みに関する情報を聞き出して、それを的確に医師に伝え、患者さんにとって最善の治療を行ってもらうという重要な役割があります。

 

診察時に患者さんが医師に直接訴えても良いのですが、コミュニケーション力が低い医師もいますし、患者さんも医師の前だと萎縮して「そんなに痛くありません」と言ってしまう人もいますので、看護師が橋渡しの役割をすることで、スムーズにより良い治療を行えるのです。

 

また、ペインクリニックの場合、全員に神経ブロック療法を行うわけではありません。患者さんの痛みの度合いや生活環境、痛みへの考え方などに応じて、保存療法にするか、内服薬を処方するか、神経ブロック療法を行うかが変わってきます。

 

そのため、看護師は患者さんにとって、どの治療法がベストなのか、どの治療法を選択するともっともQOLが上がり、患者さんが満足するのかを考える必要があります

 

ペインクリニック(麻酔科)のメリットとデメリット

ペインクリニックに勤務するメリット

ペインクリニック(麻酔科)のメリットは、1人1人個別性のある看護を行えることです。

 

「その患者さんの痛みはどのくらい日常生活に影響しているのか」、「その患者さんの治療はどこをゴールにすべきなのか」などを考慮しながら、患者さん1人1人に合わせた看護を実践できますので、患者さんとしっかり向き合いたい、寄り添った看護をしたいという人はペインクリニックがおすすめです。

 

また、ペインクリニックはクリニックや外来になりますので、日勤のみで残業少なめというメリットがあります。育児中の看護師さんにとっては、仕事と育児を両立させやすい職場であると言えるでしょう。

 

ペインクリニックに勤務するデメリット

次はペインクリニックのデメリットです。ペインクリニックは、外来業務が中心となりますので、病棟のように看護技術を磨く機会が少ないので、スキルアップしにくい環境なんです。

 

ただ、ペインコントロールの方法は、最新の薬剤や治療法がどんどん出てきていますので、疼痛緩和に関しては専門的な知識を身につけることができるでしょう。

 

ペインクリニック(麻酔科)に向いている人、必要なスキル

ペインクリニックに必要なスキルは、ずばりコミュニケーションスキルです。ペインクリニックの看護師は、患者さんの痛みを正確に理解し、それを医師に伝えると言う橋渡し役になります。

 

患者さんの痛みを正確に理解するためには、患者さんから様々な情報を聞き出さなくてはいけませんので、高いコミュニケーションスキルが必要になります。

 

また、その痛みに共感し、患者さんの苦痛に寄り添う気持ちを持っていないと、痛みを正確に理解することはできないでしょう。

 

高いコミュニケーションスキルを持ち、患者さんの心に寄り添える看護師さんが、ペインクリニックに向いているんです。

 

どんなペインクリニック(麻酔科)がおすすめ?

ペインクリニックの中には、片頭痛や椎間板ヘルニアなどの一般的な疾患へのペインコントロールだけではなく、がん性疼痛への緩和ケアを積極的に行っているところがあります。

 

病院の外来にあるペインクリニックだと、緩和ケアに力を入れているところが比較的多いですので、一般的なペインコントロールだけでなく、緩和ケアにも興味がある人は、そのようなペインクリニックを選ぶと良いでしょう。

 

また、在宅で療養している患者さんのために、訪問診療をしてペインコントロールをしているところもありますので、在宅医療や訪問看護に興味のある人は、そのようなクリニックを探してみてはいかがでしょうか?

 

ペインクリニック(麻酔科)の給料と給料アップ方法

ペインクリニックは基本的に外来やクリニックになり、日勤のみの勤務ですから、お給料はそれほど高くなく、月収25万円前後が給料の相場となります。

 

ただ、中には病床を持っている有床クリニックやペインクリニック病院があります。少しでも給料アップを狙いたいなら、夜勤がある有床クリニックやペインクリニック病院を選ぶと良いでしょう

 

また、ペインクリニックの外来で働く場合は、大学病院のペインクリニック外来を選ぶことをおすすめします。

 

大学病院の外来なら、基本給が高めですし、住宅手当などの各種手当が充実しています。さらにボーナスも多いので、給料が高くなります。

 

そして、もしあなたがオペ室経験があった場合、ペインクリニックの麻酔科医と連携を取りやすくなりますので、経験加算で給料を上げてもらえるところがあります。

 

また、同様に緩和ケアの経験がある看護師さんは、ペインクリニックの中でも緩和ケアにに力を入れていてるクリニックなら、その経験を評価してもらえる可能性がありますので、最初に提示された給料よりも上がるかもしれませんよ!

給料、待遇、やりがい、理想の職場を見つけて充実した看護師ライフを送りましょう!

看護ラボのオススメは、年間登録者数No1! 1年間に10万人以上が利用する「ナース人材バンク」です!公開求人数60,000件以上+非公開求人が大量にあり、希望通りの求人が見つかると評判です!

転職経験した看護師さんに大人気の「ナース人材バンク」で理想の職場を見つけて下さい「ナース人材バンク」の詳細はこちら>>

【看護ラボ kango-labo.com】 トップページへ


このページの先頭へ戻る